相場の迷路

勝ちを示唆する情報として捉える

巨大な迷路を一度も道を間違えずゴールするのは不可能です。
誰もが初めは手探りです。

行き止まりを見付けるからゴールに近づく。

何度も行き止まりに遭っては引き返し、この道は前に来た、この先は罠があった、
など少しずつ迷路の一部を解明しながら徐々にゴールに近づいていきます。

無数にあった通路も実は殆どフェイクで、正道はごく僅かしかなった事に気づきます。
僅かな道が残り、シンプルに構成されます。

何かの手法を検証している場合も、新たな手法を構築する場合も改善に役立つ考え方です。

迷路の行き止まりと同じで、負けは一時的なもの、その負けから学びさえすれば逆に強みになります。
むしろ、負けなければ正解に近付けないと言えます。

何度も同じ道をグルグルするような非効率を避ける為には、記録を取っておく事が大切です。
似たようなケースでも実は違う事があるので、出来るだけ解り易くです。

次に同じ場所に迷い込んだ時、すぐに気づけるように。
こうして出来上がっ自分だけの地図は、最も信頼出来る強力なツールになります。

 

迷路からの脱出

それが手法です。
あとはこの地図を破らない事です。

 

トレードの修行中で負けが続いて辛い

やる気はあるのに成果が出ない

勉強しているのに成績が下がっている

自分のトレード手法が作れない

etc…

 

なかなか成果が出ずに苛立ちを感じる時は、負けの持つ本来の意味を思い出してみてはどうでしょうか。

勝つ為に、負けている。
負けたら、一つ前進出来る。

負けを分析して自分の支配下に置きましょう。
管理下の
負けは問題になりません。
負ける度に選択肢が絞られて正道が見えてきます。

負けた分だけ改善すればゴールは近づいてきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。