レスリング

信頼出来る手法を使っても勝てない理由

有料であれ無料であれ、勝てる筈の手法を実践して勝てないのはなぜでしょうか?

・無料だから嘘?
・有料だから詐欺?

どちらの場合もありますし、他の可能性もあります。

 
・理屈を理解できていない
・まだマスターしていない
自分にあっていない

これらの場合、手法が正しくても負ける事になります。
この場合の原因は手法でなく、自分になります。

・今の相場に適していない

これは一見、相場が悪いように思いがちですが、
自分の判断が悪いか、教材の説明不足が原因です。

手法は相場に合わせてナンボな訳なので相場に責任がある事はありません。

また、手法が勝てない理由を探し始めると聖杯探しの罠に嵌りやすいので、
自分が勝てない理由を探すスタンスが良いと思います。

上に挙げた原因の内「自分に合っていない」はかなり重要なファクターですが、
今回はもう少しライトで全体に通ずる勝てない原因について説明します。

 

巷で有効とされている勝てる手法を使っているのになぜか勝てないという方は特に読んでみて下さい。

 

勝てない理由

まず、手法を絶対視し過ぎている傾向があります。
手法の提供者は「他の手法は全て忘れて、この手法だけ信じて実行して下さい」
というでしょう。

この表現は正しいですし、私が文章で他人に教えるなら同じ事を言うと思います。
しかし、これだけでは勝てません。
なぜなら、

料理のレシピと同じで、誰がやっても上手く行くというものではないからです。

 柔道選手

イチローになれるバット

があったら買うでしょうか?
高性能なバットかもしれませんが、残念ながらうたい文句通りイチローにはなれません。
それにに近い稼ぎや働きさえも得られないでしょう。

イチローが実際に使っているバット

を使えばイチローのように打てるようになるでしょうか。
こちらはイチロー個人に最適化された特別製なので、他人の手には余計に馴染みません。

この時上手くいかない理由をバットに求めると話がおかしくなる訳です。

(バットだけにBadです。こんなのいらない?)

 

もうすこし別の角度から説明します。

スポーツには多くの技があります。
柔道なら、内また、大外刈り、背負い投げ、巴投げ、けさ固め・・・沢山の技があります。

為替には、ブレイクアウト、トレンドフォロー、オーバーシュート、キャリートレード、フラッグ、ペナント、Wボトム、カップウィズハンドル、ヘッド&ショルダー、アセンディング・ディセンディングトライアングル・・・

長期・スキャルといったスタイルやアービトラージ・スワップアービといった業者や通貨ペア間の特性を利用した手法など挙げればキリがない程実に多種多様です。

これらの組み合わせも考えるとほぼ無限です。

この中から自分に合う技を一つだけチョイスして磨くのが手法の第一歩な訳です。
どれも有効性が認められたれっきとした技ですが、使う人によって完成度は違います。

例えば「大外刈り」を覚えただけでは試合に勝てません。

・まだ実践レベルじゃないかもしれなし、技を出すタイミングが悪いかもしれない。
・大外を決める為の布石となる前の技が悪いのか
・大外刈りを外した後の対処が原因かもしれない。
・対戦相手がたまたま悪いのかもしれないし
・そもそも、自分の性格体格に適していないかもしれない。

と、勝てない理由を上げれば目白押しですが、もう一度言います。

柔道

「大外刈り」は立派な技ですし、無論詐欺でも嘘でもない訳です。

このように、何を使うかも大事ですが、どう使うかも考える必要があります。
大外刈りが悪いんじゃなくて、その使い方と自分に問題があるんですが、自分にとって大外刈りは多用しない方が良い事場合もあり得ます。

まあ、こういう形のないグレーゾーンだからこそ便乗詐欺が多いのも事実ですが。

結論、どうすればいいのか?

野球の例に戻せば、

自分専用のバットを作る

が一番です。

一から彫ってもいいですし、既存のバットを加工しても良いです。
何が自分に合うか初めは解らないと思いますので、いろいろなバットを使って試すのも良い方法です。

すぐに廻り合うか、何年も掛るかは解りません。
他人に聞いても、あなたに合ったバットをチョイスしてくれるとは限りません。

そういう意味では、あなたの性格を知らない「手法の販売者」が、あなたに適した手法を与えてくれる確率は低いです。
例えマンツーマン指導であっても相性次第では上達は見込めません。

しかしこれは販売者が悪い訳でも、FXに限った事でもないでしょう。
当然、本人のセンスややる気も重要なファクターですし、
選んだり決断するのはいつも自分自信です。

自分の方から、この教材なら自分に合ってそうだ、と判断して行動するべきです。
自分が信頼した販売者なら、駄目もとで購入しても良いと思います。

始めは人の手法を真似て、最終的に自分に合うようにカスタマイズするか新しく作るのが一番効率が良いと思います。

 

なぜ勝てる手法を使っても負けてしまうのか、理由が解って頂けたでしょうか。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

(関連:トレードスタイルの見つけ方

フェンシング選手




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング