いつもブログを見て頂いている方、インジに対するアンケートやご意見を頂いている方、本当に有難う御座います。

3月度の成績はどうでしたでしょうか。
私は今月も何とかプラスで推移する事がでそうです。
後半に大分利益を返上してしまいましたが・・・(汗

 

表題の件ですが、今月何かと多忙でインジのバージョンアップが殆ど行えていません。
毎月月初にはプログラムを修正しているのですが、今回は3月初旬に訂正したままです。

よって、お使いのバージョンを確かめて頂き、同じバージョンならダウンロード不要ですのでパラメーター内のパスだけ変更してお使い下さい

また、今回から新規にダウンロードしてご使用される方は、ダウンロード後パラメーターのパスを変更してお使い下さい。
(デフォルトで3月のパスが入ったままになっています)

 

現在、私が使用しているインジは更に改良を加えたものを使っていますが、不特定ユーザーが簡単に使用できるまで使い勝手が良くないので公開を控えています。
もう少しお待ち下さい。

また、公開している無料インジも数が増えて今までのように毎回全てのファイルを差し替えるのが難しくなってきましたので新しい方法を模索中です。
新しい配布方法は決まり次第ブログでお知らせします。

余談:私の手法とインジの重要な関係

 大きなバスケットボール

私の手法は、インジを使って勝つという事でなく、
勝てる手法に、インジを使って更に勝ち易く利益を最大化、又は機会ロスを無くすといった発想です。

まず勝てる手法があるからこそ、自信を持ってインジを使ってチャンスを最大化できるのです。
負ける手法に使えば、負けを加速させる事さえあるでしょう。

しかし中には、手動や目視では実現困難だけどインジなら実現可能になる手法もあります。
この場合インジ(又はEA)を作って実践してみないと有効性が評価できません。

インジ作りにも結構時間と学習、エネルギーが必要です。
なので、その中間点のような感じで私はインジを使用しています。

 

例えるなら、

バスケットのゴール練習を繰り返して、ゴールの感覚が掴めたらそのパターンを覚えて次に活かしますよね?
そのパターンを徹底して実行できるように体が覚えたら少しずつ率の高いゴールがねらえます。しかしどんな早技で連続シュートしても体を動かす早さに限界がありますし、急げば精度が下がります

そこで、そのパターンを自動で遂行するロボを開発して複数台設置すれば得点が倍増できる訳です。
ただし、この「シュートの感覚」はイメージ的でなかなか100%明文化出来ないので、ロボに実装する段階で「丸められた技術」になっている事に留意する必要があります。

ロボを管理するのも設置するのも自分でなければいけませんし、ロボは自分には敵いません。
自分に出来ない事をロボがしてくれるのでお互い様かもしれませんが。

結局、自分がしっかりしていなければ、ロボの開発に明け暮れても意味がありません。
故に目の前の裁量トレードを最優先し、その「待ち」期間に、日常のアイデアをインジ化している感じです。

 

この為、開発や配布・販売を第一目的とせず自分のトレードを最優先していますので悪しからずご了承ください。

 

 勝負の行方

 

ちなみに、現在開発中の案件は、

・アラート音(音楽)指定・・・ituneseとか好きな音楽をして、音だけでどのラインがタッチしたか解る機能
・ティックアラートの修正・・・ティック毎になっていたアラートを秒単位に変更・アラート視覚表示・・・上記の修正に伴ってMT4(mql)仕様上、ウィンドウ表示が出来なくなる為、新GUIの適用
・ラインの自動生成・・・今よりもっと手間無くアラートを付加する機能
・ライン自動生成のオンオフ・・単に自動生成だと反って使いどころが制限されたりする(意図しないところでもプログラムが生成してしまう)ので、これを回避する方法
・MAのメール機能の修正
・BBのメール機能の追加
・インジの融合(1つのインジで対応する)

などなどなど、

他にもまだまだありますし、やっている途中に新たな課題も出てきます。
併用すると相性の悪い機能もあったりします。
挙げればキリがないのですが、1つずつやっていこうと思います。

資金管理系自己トレード分析系のスクリプトや自動トレール決済のEAもあるので時間があればいずれ公開したいと考えています。

コメントや掲示板などでの要望が多ければ、ご要望の多い案件から取り組んでいきます。

 

どうぞ、期待したりしなかったりしながらお待ち下さい。

 

輝くボール




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。