歩く度にレベルアップする

人は1日に約6万回思考するそうです。

中2男子なら、その内5万9千回位邪念でしょう。
私がそうでした。  

l_104

 

ところで、一念発起して立てた計画や年初の目標、ダイエットの意気込み、愛の誓いなど、
人はいとも簡単に物事を忘れてしまいます。

人は忘れる生き物である 誰が言ったか知りませんが、とても共感出来ます。
高い志や、奇抜なアイデア、親孝行など、重要度の高いものでさえ時間とともに風化し忘れてしまいます。

その反面、忘れたくても忘れられないものもたくさんあります。
一体その差は何でしょうか。

感情

大きな原因の一つに、感情があります。
感情が強い程、無意識に繰り返され記憶に深く刷り込まれる為です。

楽しい経験も辛い経験も同じ原理で記憶に残りますが、辛い経験の方がインパクトが大きいと言われています。
いずれにしても、思考の回数が増える程、記憶に残ります

何が言いたいかと言いますと、毎日6万回も思考しているなら、
その内少しでも良い思考に回せば、いくらでも志を忘れずにいられるという事です。

どんな事でも構いません、自分が今最も貫きたい信念、
「痩せる」「稼ぐ」「感謝する」「仕事する」「結婚する」「禁酒」「禁煙」何でも良いのです。
私はこれを「自信」「目標」「願望」に利用しています。

洗脳

そして人は1年間に1500回同じ事を言われ続けると、
仮にそれが間違った内容でも信じてしまう
そうです。

間違っていると解っていても、脳が何度も抵抗するのが面倒臭くなって、
ついに「あーそうですか、もうそれでいいですよ」と方針を転換してしまう回数が1500回くらいらしいのです。

1500を365日で割ると、一日あたり4.1回です。
例えば、「自分は○年以内に○○になる」と毎日5回唱えれば、一年以内に自分を洗脳できます。

唱える事自体を忘れてしまう場合、唱える良いタイミングがあります。
歩いている時です。

一歩一歩、歩く度に目標を想起します。
あっと言うまに1500回達成するでしょう。

自分を洗脳出来たら、あとはやるだけです。

注意点は、マイナスイメージを持たない事。
嫌な事も繰り返す程洗脳されます。
ありもしない不安を繰り返していると信じてしまうようになります。

「自分にはどうせ出来ない」などと繰り返す事のないようにしてください。

 

出来ると信じる人が、出来るようになるのです。

 

足もと

 

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。