本当に自信が持てない人へ

どうしても自信が持てない人への、究極の自信のつけ方からの続きです。

どうしても、全く、自信が持てない人でも、確実に自信がつく方法を紹介します。

これは生活全般、人生そのものに対する自信です。

心して聞いて下さい、
前回を読んでいない方は、なるべく前回に目を通しておいて下さい、理解とモチベーションが深まります。

それでは、いきます、
あえてチョット馬鹿にした感じで説明しますw

 

まず、何でもいいので小さな紙(付箋でもなんでも良い)を用意します。

ここまでいいですか、出来そうですか?もうくじけそうですか?

素晴らしい、出来そうなら次に進みます。

何でも良いのでペンでその紙に「ボタン」と書きます。

書けそうですか?では進みます。

その紙を玄関ドアの内側に、目の高さくらいに貼ります。

そしてここからが本題です。

 

これから毎日家を出る前にその「ボタン」を指で押す。

これが課題です。

押せたら、成功です。

目標、大達成です。

おめでとうございます。

自信復活

「てめーナメてんのか、、バカにしてんじゃねーよ!」

と言う声が聞こえてきそうですが、至って真面目です。
この、俺ナメられてる?感も大事です。

更に加えておくべきルールが二つあります。
これも非常に大事です。

一つ目、「天変地異など予期せぬ事態が起こった日と体調の悪い日は除く」をルールに加える事。
二つ目、「『この課題はもう達成出来る』という自信がついたら、別の達成可能な課題を出す事」という、次のルールを作るというルール。

一つ目については、お解りかと思いますが、この課題で万が一にも失敗したら後がありません。
「こんな事も出来ないのか・・・ozr」と超ブルーになる事必至です。
ただでさえ、べらぼう成功率の高い課題ですが、出来なかった時に自分を許せる逃げ道を作っておきます。これで盤石です。

そして二つ目、まず初めに、一度でも「ボタン」を押せばひとまず目標達成になります。
しかし、目標というのは達成したら次の目標があるものです。

次の目標は「これを3日間続ける」とかにします。
当然できます。

ち なみに、出かける前に「ボタン」を達成したら、歩きながら暫くはその勝者の余韻に浸って下さい。
車に乗るまでの間とか、バス停までとかの短い時間で良いです。

俺ってス ゲーぜ。やっぱ押せる男だぜ。て感じです。
女性なら、まあ私ってなんてしっかり者で女性らしいの、明日だって楽勝で押せちゃうわ、とか自分になりに酔いしれて下さい。
誰も文句言いません。

「ボタン」に「やる気スイッチ」とか「ポジティブスイッチ」とかの名前を心の中で決めていてもいいです。

どうです?やれそうですか?

自信を複利運用する

3日押せたら次は「1週間」でも良いですし「ボタン長押し」でもいいです。
できれば前回と同等かそれ以上の課題に挑戦しましょう。

実はこれ、想像するだけでも効果があります。
想像しただけで達成感が得られたならそれで結構です。

もう自信がついています。
次のステップに移って良いです。

上で説明した課題は出来そうですよね?必ず出来ると思います。

もしかして出来ないかも・・・
と思う人がいたら実際にやってみて下さい。

出来ますから。

嘘のようですが、僅ですが自信が確実に付いてきます。
この産まれたてのヒヨコのような自信を丁寧に育てます。

そして少しずつ自信がついて体が動くようになったら、「一日1分トイレ掃除する」「毎日5分瞑想する」「1日5分読書する」「週に一回10分間のジョギングをする」など、1つずつ課題を加えます。
必ず出来る事なら、複数同時に課題を増やしてもokです。

暫くの間は「必ず達成できる課題」だけを出します。
少しでも”失敗しそう”な事は選ばないようにしてください。

あと、始めのうちは、毎日取り組めるがある課題が望ましいです。
「今月中に○○」とかは達成までに時間がかかるので、それまで成果が自信に転換されないからです。

 

l_155続けていると、時には達成出来ない事忘れてしまう日も出てきます。
しかしそんな時、決して自分を責めてはいけません

なにせ、この課題をこなせ なくても誰も迷惑してませんし、その分明日まとめて10回ボタンを押してやっても良いのです。
人間だから、ま、当然忘れる事もある訳です。

出来た事の方が多いんだから 全然ok、むしろこんな簡単な事でも慣れると忘れる事もあるんだなって意外な発見があって得したよと思うか、ルールに無理があったのなら修正すれば良いだ けです。

こんな事で何一つ悔やむ必要はありません
むしろ、ついに達成が危ぶまれる程の課題になってきたか~とまた自信を持つ事も可能です。

上級者になって、ある程度自信が身に付いた後なら少々失敗しても、根本にある自信は失わなくなります。
1つ2つ小さな失敗をしたところで、他でたくさん成功しているので全体の自信の量が余っているのです。

一回失敗したところで、過去○○日間課題を達成した実績は残っています。

出来るようになった課題習慣に昇華されて課題にするまでもなくなった課題一度の達成で不要になった課題
はどんどん削除し、よりレベルの高い新たな課題に挑んで下さい。

小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ

と言ったのはイチローですね。

 

初めから高い目標を掲げると挫折・失敗の確率がはね上がります。
小さな小さな自信をつけるところから始めるまさに自信リハビリのような方法ですが、その内他人が出来ないような事を毎日平気でやれるようになります

どんなに道が近くとも、歩かなければ到達しない

小さな事でも、行動することの大切さも再認識できて一石二鳥です。

 

自信をなくしている期間が長いと、明日からいきなり自信満々にはなれません。

筋肉と同じで、どんな筋肉マンでも暫く使っていないと、かつての様なバーベルを持ち上げられません。
いきなりトライすると腰を痛めるのがオチです。

絶対に持てる重さからリハビリして鍛え直すのが安全で確実、効果も高い方法です。

 

大きな目標を一発達成しようとしないで下さい。

極小の目標を乱発して達成してください。

信じられないかもしれませんが、驚くほど自信が付きます。
是非お試しください。

 

あなたに自信がないなんて嘘です。

ちょっと忘れているだけです。

あの頃を思い出して下さい。

 

 

自信が付いたら今度は人に自信を持たせてあげましょう。

今回は長文になりましたが、最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 

自信に満ちた子供たち

著作者:geezaweezer




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]