どうやって『待つ』か

引き続き質問についてお答えします。

どのようにして待っていますか?

→アラートです

 

言わずもがなですが、このツールを公開しています。

ロッキングチェア

マーケットはいわば麻薬のようなもので中毒性があります。

例えがアレで恐縮ですが、裸の女性に囲まれた状況で冷静でいられない様に、チャートを見ているだけでエントリーしたくなるものです。

これは、能力・センス、努力不足とかでなく、本能に近い衝動です。
本能を根性で変えようとすると失敗します。
危険から身を逸らすのが吉です。

ですので、チャートを見ず、頭から離し、それでいてチャンスを逃さない工夫です。
基本的に待機中は常にPCの近くにいます。
アラートに使用するのはライン、MA、の順に頻度が多いくBBは殆ど使いません。

アラートをセットした後はDVDテレビを見てます。
最近あまりないですが漫画を読んだりもします。(ネカフェでやるとこれがまたなぜか勝率が良い)

私の場合MT4のコーディングをしたり、ブログを書いたりはトレードの待ち時間に極力行いません。
なぜかというと、緩急を付けるというか、トレード時に集中できるようにする為に、待ち時間は比較的リラックスできる状態が良いからです。
相場の事をすっかり忘れてしまうほど夢中になれて、それでいて疲れないもの、それが私にとってはDVDとかな訳です。

コーディングや文章作成は集中力が必要なので、その合間にトレードが入るとぶっ通しで集中する事になります。
大人でも本当に集中出来る時間は15~20分位と言われてますし、続けても90分位で休憩をとるのが好ましいと言われています。

トレードで集中する為に、普段はあ・え・て負抜けなのですw

 

以上、参考になれば幸いです。

記事が良かった/役に立ったと思った時に
以下のクリックで応援して頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ>

2 thoughts on “どうやって『待つ』か


  1. アラートは当然としても、DVDやテレビは意外でした。
    何かFX関連かなと想像していました。

    確かに勝負時以外はリラックスしていたいですね。


    1. 補足すると、DVDを倍速で見たりしてます。
      これはチョット集中力がいるんですが、本気でやれば聴覚・視覚が同時に刺激されます。

      観直すような時は楽に眺めて時間短縮です。
      観るものや、状況に応じてこの辺りは使い分けます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。