記事案件のご質問にお答えします。

トレーダー仲間はいた方がいいですか?

→私はそう思います。

「トレーダーは孤独たれ」とも言われます。
勝っても負けても人に言わず、孤独と戦う気概が必要との事です。

この考えはそろそろ時代にそぐわないんじゃないかな~と思っています。

USDAgov著作者:USDAgov

仲間やライバルの存在は成長に欠かせないですし、一人で辿りつける境地には限界があります。
対等以上の仲間が集まれば刺激される事は間違いないと思います。

そういいつつも、私は元来社交的な方でなく一人でいる事が多いのですが…w
極力、表に出たくないというか、出ずに済むならそれが一番という感じです。

 

隣のトレーダーが、何をどのレベルまで出来るのか?なんて全然解らないですよね。
『一般的』なトレーダーって、どんな人?
ただでさえ難しいトレードが、更に謎のベールに包まれて、トレーダーとう職業像を浮かべる事さえ難しい。

どんな分野でも先輩や上司、新人や部下がいて、教えてくれなくても見て覚えられる。
上司・同僚・新人からも学ぶ事が出来る。
なのに、一般トレーダーはそんな当り前の環境すら無い。

つまり、これが出来たらそれだけでちょっとした優位性だと思います。
今でもありますが、大抵が高額スクールとか塾とかの閉鎖的なコミュニティーです。
新人が気軽に入れる場所は皆無といっていんじゃないでしょうか。

ガッツリしたコミュニティーでなくていいけど、顔を出せば誰かが遠慮なく話してるようなトレーダーのたまり場があったらいいとは思います。
トレードあるあるとか、解ってくれる人少ないですしねw

 

━━我々は孤独なのか?

jonathan.leung著作者:jonathan.leung

個々が点在して独自に歩むより、情報を出し合って競争した方が良いよねって事です。
シナジーを産む環境に入る事で引き出される力もある筈です。

なので、当ブログの閑散とした掲示板も、臆せず利用して欲しいと思います。
負けたとか勝ったとか、他愛のない独り言でも良いですし、ブログ読者に対する投げかけでも良いです。
(まあ、そんなに読者いないですけど、一応最近ランキングでも上位に食い込んできました)

実は私自身、元々掲示板とかに書き込みするタイプではありません。
傍観して参加しない、そんなロム野郎です。

なので、当ブログのコメントに書き込まれる方は素直に凄いなーと思います。
それだけで希望した情報を得られる可能性もある訳ですから、答えまでの最短距離です。

このように、使い様によって掲示板も良い環境ですし、ネット時代に読書だけでは遅れを取ります。
当ブログでなくても良いので、能動的に何かに参加されると気分も変わると思います。

 

P.S.
トレーダーである以上、コントラリアン的姿勢は絶対に必要です。
「トレード仲間を持つ」のと「周囲と同調・迎合、又は傾倒」する事は別の事です。
ブレない自分を維持する「孤独」は必要です。

そういう意味では「トレーダーは常に孤独であるべき」と言えます。

 

 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村