世の中には文字通り売るほど手法が存在します。

手法の数だけ理論があります。

 

初心者の段階では何を信じて良いか解らず、自分の理論にも自信が持てない事が多いと思います。

いえ、経験者でも同じでしょう。

 

しかしFXで確実を求めると失敗します。

そもそも確証のある理論などFX上では存在せず、故にどの手法、理論を使用しても負ける可能性は残ります。

むしろたぶん負けます。

 

トレードに必要なのは、手法や理論に対する確証でなく、自分に対する確証です。

 

例えばMA(移動平均線)を例にとって説明すると、

グランビルの法則やゴールデンクロス・デッドクロス・パーフェクトオーダー、乖離、エキスパンションなど、さまざまな使い方があります。

これらはMAの設定期間を変えるだけで、売買ポイントが変わります。

 

結局MAというのは、自分のトレードスタイルに合わせてカスタマイズしたカーブフィッティングを利用しているだけともいえます。

自分の使い方だけに特化しているんですね。

 

つまり、自分に合っているなら、どの期間のMAを使っても良く、○○期間のMAを使わなければいけないと言う事もありません。

使用するトレーダーは、自分だけの設定を信じてやるしかないんです。

 

他人がどんな設定で使っていようと関係ありません。

設定や手法を信じて使うのではなく、自分の信じる設定を使う事が大事です。

 

考える男性

 

それでも、「何をどう信じて良いか解らない」という方は

自信でなく過信で良いので、もう勝手に何かを無条件で盲信して下さい。

 

例えば、○○通貨ペアで○時~○時の21MAのグランビルの法則は高確率で機能する!

とかですね。

 

次にその過信(盲信)が本当かどうか立証するように、裏付け作業を徹底して検証して下さい。

 

自信が無い人は過信から始めて下さい。

「勘違い」も「気づき」の一種だと言えます。

 

いきなりベストな手法を発見する事はまずありません。

このような勘違いや盲信を一つずつ信じて検証して、確かめる事で本物の自信が身についてきます。

 

FXの世界に確証なんてありませんが、少なくとも自分が試してきた事に対して自信を持てなければ、何を指針にトレード出来るでしょうか。

 

理論に確証が持てずとも、自分の努力に確証が持てるまで努力しましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村