なるべく前回から通してご参照ください。
でないと訳が解らないと思います。

前回までの要点

・セットアップ
・映画『①』上映決定
・『③、旅にでる』
・予想外の敵
・トレンドラインのマメ知識

audusd1

audusd1-2

audusd15

 

目標設定

前回からの続きです。

ポジション保有後の理想的な動きは、を割らずにを超える事。

目下の目標は超えでしょう。
主役③に対し、ヒロイン④の登場といったところです。

『④、逢いたくて』
(もういい?)

 

出会いと別れ

に達した時点で揉み合い(出会ってすったもんだし)ながらも、を突破、めでたく結ばれた感じです。

その後順調に(燃え)上がるかに思えましたが、、、。

超えの地点で、次の理想形はもブレイクアウトし、再度をサポートとした一段高いトレンドに乗る事です。Cの時に描いていたシナリオの復活。前回参照)

 

トレード中の行動としては、③④⑤アラートをセットして、どれかが鳴るまでは放っておきます。
(DVDでも見てリラックス、ここでチャートを見ると変な気を起こします)

アラートに呼ばれてから、PCにつき、プライスアクションを見て最終的な判断をします。
(昔、銀河鉄道999で「トレーダー分岐点」という話※電車のハブ空港のようなところ、がありましたがこのアラート地点がまさに個人的なトレーダー分岐点ですね)

 

大かたの指針は決めてありますが、『もしも』の大相場などを逃さない為にはこの目視が結構重要です。

一旦ここで止まって行く先を確かめます。

私はここ(E)で決済(TP)しました。

 

ハート

TPの根拠は、

1.の高値を超え、E新高値を付けた感がある 
2.③-⑤のチャネル内ボラティリティーの25%付近である。
3.今回のポジションは本来Dで持つべき(前回参照)ポジションで、その場合の損益比率としては十分な水準にある。
4.数時間後に外出する予定がある。

が主な理由です。
私の中では、どう考えても売り(エグジット)な訳です。

2.はライントレードならではの根拠です。

長かった映画『①』もめでたくハッピーエンド(TP)できました。

後で見ると良いポイントでTP出来ています。

 

初めから読み直すと解りますが、トレンドラインを使うと言っても、

環境認識、セットアップ、エントリータイミング、SL、TP、とそれぞれの場面で別々の使い方をする事になります。

難しく考える必要はありませんが、混同しないように注意は必要です。

 

それでは、今回のトレードの結果を見てみます。

to be continued




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]