FXに向いている行動、向いていない行動

以前、FXに向いている人、向かない人
職場にいてもFX力を上げる考え方を説明しました。

AさんBさん、及び理想形のCさんに再びご登場頂きましょう。

 

A 言わない方がいいと思っている事でも、すぐ言ってしまう人

B 言いたい事があるのに、いつも言えない人

C 言うべきを言い、言わざるを言わない

 

Cさんの表現は対比しやすいように少し変えています。

AとBを真逆の性格だと見てしまいがちですが、私は同じカテゴリと考えていると説明しました。

 

意識しないと見落としやすいのが、

「言えなかった」人と「言わなかった」人の違い。

 

この二人は、結果として取る行動が同じになります。

「言わなかった」という結果が残り、これは客観的に観測できる事実です。

 

しかし、行動を取るに至った経緯は、逆の性質を持っています。

 

感情に流されたか、自分の意志で決定したかです。

行動は同じでも本質が違います

 

向き不向き

一見、行動が同じなので、同じカテゴリに入れてしまいがちですが、明確に分けておかなければいけません。

表面的な行動を見るのでなく、行動に至った本質で判断する事が必要です。

 

もうひとつ、

「言えない」人と「言ってしまう」人の違い。

結果としての行動はですが、本質が同じです。

 

つまり、今度は

本質は同じでも行動が違います

 

行動や結果が違うからといって、意志決定も違うとは限りません。

 

FXに向いているの、FXに向いている行動

本質を見る事が大事と言う事です。

【あ】【い】のカテゴリでなく、【A・B】【C】のカテゴリが重要です。

向いているか、向いていないかで言えば、Cが向いていると言いましたが、
自分がCでなくとも、C・AB群を見分けられる事が、向いている要素と言えます。

意識しないと気づけません。
多くの人は「言わないC」と「言えない自分」を同じと思って、改善できません。
同じ様に「エントリーする人」と「エントリーしてしまう自分」の区別がつかないのです。

行動も結果も一緒なので何が違うか解らないのです。

 

 

100%自分の意志でトレードしていますか?

 

 

何を当たり前の事を・・・と思うなかれです。

 

結局、自己規律です。

 

FXに話を戻すと・・・

 

トレード意志

 

 

自分の行動の結果と自分は違うという単純な事実を認識すれば、決して負けることはないし、負けたと感じることもないだろう。(オリバー・ベレス著 デイトレード抜粋)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング