トレンドラインの性質

 トレンドラインの性質

トレンドラインは、右側と左側で役割が異なります。

 

左:トレンドを把握する

右:売買の目安にする

 

補足:トレンドラインは先行・遅行両方の性質も併せ持つ。
①過去から現在に引いたラインよってトレンドを計測し、
②現在から未来へ延長した線で、売買のタイミングを計る(利用する)

 

 

トレンドライン1

 

前回、トレンドラインは

・トレンド(トレンドレス)を把握し、利用する為に使う

・トレンドラインは手段であり目的ではない

 

という説明をしました。

トレンドラインはあくまで、左側で起きた結果を元に、右側を予測する為につかいます。

右側をぴったり予測できる神のような人はいませんので、ラインを神格化しない事です。

しかし、左で起きた事はまぎれもない事実ですので、これを元に右側を予測する事は利にかなうと考えます。

 

この辺りを混同してしまうと、必ず線が機能するかのような錯覚を受けますので注意が必要です。

現在を境にして右と左では少し捉え方が違い、中心線(現在)は常に移動します。

 

それに合わせてトレンドラインも引き直される事になります。

主観的に引かれた個人的な線という事に留意する必要があります。

 

右側はあくまで、目安・予測であり「ラインの辺り」で反応する「かもしれない」ものです。

 

一般にインジケーターはMAやBBなどの遅行指標と、ヒボナッチ・ピボットなどの先行指標に分類できます。

トレンドラインは、実に単純にこの両方の性質を兼ね備えた予測ツールと言えます。

 

 

上ならロング、下ならショート

線の傾きを見るだけで一瞬で判断できる事は、迷いを生む余地が少いという点で優れています。

 

 

また水平線と同じく、価格がトレンドラインを超えると、ラインとしての役割が反転します。

基本的にラインは「反発する」と考えて行動します。

※「反発」が原則である故にブレイクアウト戦略も有効になります。

 

支持抵抗

 

この図は、先ほどの図のその後を示しています。

(他のインジと違って)トレンドラインの引き方には個人差がでます。

 

この図も、大きく見てレンジと捉える方もいるでしょう。

正解、不正解といった概念ではありません。

 

あなたならどんなラインを引き、どう使うでしょうか。

 

トレンドラインにはもう一つ重要な性質・特徴がありますので、次回(トレンドラインの性質2)説明します。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。