プロスペクト理論

 

FXで勝ちたい、と思っている人は山ほどいますが、

自分が無意識に負けを選択する生き物だとしたら信じますか。

 

それを証明するのが次の質問です。

 

質問1)あなたには、以下の二つの選択肢がある。

選択肢A:100万円が無条件で貰える。

選択肢B:二分の一の確率で200万円が貰えるチャンスがあるが、外れた場合は一円も貰えない。

 

質問2)あなたは200万円の借金を抱えている。そのとき、同様に以下の二つの選択肢がある。

選択肢A:100万円が無条件で減額され、借金が100万円になる。

選択肢B:二分の一の確率で借金全額が免除されるが、外れた場合は一切減額されず、借金200万円のまま。

 

 

殆どの人は、質問1)ではAを、質問2)ではBを選択するそうです。

みなさんはどうだったでしょうか。

質問1)で堅実に100万円を取りにいったかと思えば、質問2)では一か八かのギャンブルに走ります。

 

この理論はプロスペクト理論と呼ばれ、ノーベル経済学賞を受賞しています。

2つの質問の4つの選択肢は、全て期待値100万円です。

 

にも関わらず、

借金の無い状態では堅実に、借金がある時はギャンブルに走る。

と言う事になります。

 

似たような話にアレのパラドックスというのがありますが、こちらも「人は期待利得の面で矛盾した行動を取る」というものです(「アレ」は人名です)

 

 

二択

 

これをFXに例えます。

借金含み損に置き換えて考えてみます。

 

含み損がある時程、目の前の確実な利益を無視してギャンブルに走り、

損失の可能性がゼロの時に、堅実な利益を得て決済する。

 

という事になります。

つまり、含み損時は損切りせずに反転のチャンスを伺い、薄利の時はすぐに決済する。

 

まさに、負けパターンですね。

 

この理論を知ったからには逆を心がけましょう。

 

ノーベル賞を取った理論です。

抗うのは難しいですが、

他のトレーダーもまたこのように行動するのだと理解しておく事が必要です。

 

合理的に判断しているつもりでも、状況が判断に影響して

あなた自身が矛盾した負けやすい行動を選択しているのです。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。