前回紹介したブレイクアウト手法の解説で

その鉄板ぶりを惜しみなく見せつけた下記のチャートですが、

これらの全てが揃って鉄板ですから、気を付けて下さいね。

 

gbpjpy1h3

 

中でも④の「戻りを待つ」ですが、

これが待てない人が多い。

 

こういう場面です↓

ブレイクアウト

 

確かにブレイクアウトで即エントリーする手法もあります。

単に好みの問題とも言えますし、

エントリーポイント

ABどちらで入っても同じ価格帯ですので、損益に差がでないように思います。
(※同じ価格(縦)でエントリーしても時間(横)がずれれば勝敗も変わります)
(※こう言うのは売買履歴の数字だけでは解りません!図に投錨する売買履歴で補います。)
 

しかし前回お伝えしたように、SLの問題と、

ラインの効きを確かめる行為が勝率を高めます。

 

こういうパターンもあります↓

ブレイクアウトダマシ 

いわゆるダマシですね。

Bの状態まで待つ事で、このパターンを回避する事ができます。

これはまだ待てる人が多い筈です。

 

しかし次のパターン↓

 ブレイクアウト戻り無し

待っていたBが来ず、一気に下げる場合です。

まあ、これが本当のブレイクアウトなんですが。

この場合はAで買っていた方が良かったと言う事になります。

 

そしてこの経験を何度かしてしまうと、

そして飛び乗って勝って成功体験を得たりすると、

今後のトレードでBまで待つ事が、更に難しくなります。

 

結果的に、

AでもBでも入れず、

Cの様な何もない地点で衝動的にエントリーさせられたりします。

 

ではこのような時はどうすれば良いのか?

 

何もしない事です。

 

今回のこのレンジは、1時間足で5日間続いていました。

 

待ち続けたブレイクアウトを逃したくないばかりに

AやCでエントリーしてしまうのは本末転倒です。

 

待ち続けていたのはBです。

 

5日待った、待った挙句ブレイクした、

が、戻らなかった。

それだけです。

 

エントリーしなければ待ってた時間が無駄になる

という考え方は間違っています。

 

エントリーする方が無駄打ちです。

 

鉄板パターンであるほど、自分のなかの期待度が高まり、

どうしても取っておきたい!という衝動にかられるものです。

 

残念ながら

あなたの「取っておきたい!」という気持ちは

相場に何の影響も与えません。

 

願っても祈っても、

無慈悲な一撃を喰らわされる事は覚えておきましょう。

 

せっかくの局面を無駄にしない為にも。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]