勝てば勝つほど利益が増えます。

増えた利益を利用して更なるポジションをとる事ができリアルタイム複利のような運用をする事ができます。

誰しも絶好調の時、「勝てる時に勝てるだけ勝ちたい」と考える事があると思います。

もちろん、間違いではないのですが、

 

勝つほどに、気が緩むので、

勝つほど、どんどん、自分の鉄板スタイルに絞り込んでトレードする方が良いと思います。

 

的に当てる

 

なぜなら、

そうすれば、どんどん負ける可能性が少なくなるからです。

 

トレーダーにとって、攻めと守りのどちらの方が大切かと言えば、即答で

守りです。

 

 

勝つほど気が緩むと言いましたが、

油断したり、どこで入っても勝てるような気になるといった解り易い傲慢さなら良いのですが、大抵の場合その状態に自分で気づく事はありません。

 

初心者はまず、自分がその状況下にある事にさえ気づけないのです。

 

自分では気づき辛いし、気づいても逃れる事が難しい

トレードは、勝っても負けても、

「良い」とか「悪い」とかは別として、必ずズレていきます。

 

負けは恐怖を呼びますし、勝ちはを産みます。

全く同じ精神状態で出来れば良いのですが、仙人レベルでないと難しいです。

 

自分は違うと思うかもしれませんが、気づかないだけで私も皆さんも大体同じだと思います。

 

もう、目の前に大金が転がっているようにしか見えていないのです。

裸の女性が目の前にいて「いつでもどうぞ」って言ってるようなものです。

 

欲や恐怖は本能的なものなので、自分の心構えがどうあれ、オートで影響を受けてしまいます。

トレードは勝っても負けても中毒になりますし、ずっとトントンの引き分けでもやっぱり中毒になります。

 

ではどのように対処するかというと、

一度この渦中に入ると自分では気づけないし抜け出せないので、そうなる前に予め行動を決めておきます。

 

○回連続で負けたら辞めるとか、一日最高○回しかトレードしないとかです。

 

ただし、勝てる時は何をやっても勝てる時があります。

このチャンスに冷静に乗れれば一番良い訳です。

 

チャンスは逃さず、リスクは減らす

冒頭で説明したように、勝つほどにトレードポイントを絞り込み『さらに厳しい条件に適合した場合』にポジションを持つようにするとストレスなく勝ち易いです。

 

大抵はトレードルールがゆるんだりして、コツコツドカンで結局負けてしまう人が殆どだと思いますが、その逆をする訳です。

商売なら、繁忙期に集中して売り上げるのがセオリーですが、相場にこれを当て嵌めてはいけません。

 

例えば、いつも30pips位を損切りに置いてる場合、

連勝して「今日はイケるな」と思ったら、10pips以下位のポイントまで待ちます。

 

当然、いつもよりエントリーチャンスが少なくなるので勝った資金を守る事ができますし、

本当にノッてる時は、そんなチャンスもズバっと訪れたりします。

もちろん、勝ちで得た利益以上にリスクをとらない事です。

 

100点

 

言ってみれば「金持ち喧嘩せず」

横綱相撲のようなものです。

 

絶対にやってはいけないのが、連勝が続いたからといって、エントリールールも緩めてロットも上げてトレードする事。

これをやってたら10連勝したって、1~2回でマイナスです。

こういう時、初心者は目の前の含み損を受け入れる事ができず、甚大な被害になるまで損切りしません。
(私も昔はよくやりました)

トータル微損位で済めば良いですが、むしろ連勝転じて大負けで終わります。

 

こうなると、気力を取り戻す事さえ難しいです。

 

負けはイヤ、勝ちはスキ、なのは仕方ないですが、

勝てば良いというものではありません。

 

勝ちにも悪影響がある事を知ってトレードに望み、連勝の時の対策を決めておきましょう。

 

ここを乗り越えられないといつまでも負けます。

勝てる人になろうとしてるなら、連勝も想定の内ですよね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村