球を投げる

殆どの人は1カ月間トータルで黒字に出来ません。

売買回数にもよりますが、20回以上トレードしていれば恐らくマイナス収支でしょう。

 

月トータルでプラスに出来るようになってからが本番です。

 

仮に今月プラスで終わっても、

自己規律を身につけないまま、だと無意味です。

 

規律がなければ、今プラスに働いているそのロジックもいずれ破られる事になるからです。

 

正に実体のないバブルで、PC画面上での成績は華やかですが、

最後に残るのはゼロという現実だけです。

 

PC上の派手な数字は実現化せずに終わります。

 

つまり、FXで勝つ事とは、自己規律を身に付ける行為に他なりません。

”自己規律という技術”を身に付けるという事です。

決してロジックを開発する事ではありません。

 

ロジックは、勉強すれば誰でも開発・習得可能ですし、時間の無い方は買えば良いだけです。

 

しかし自己規律は、買う事も学ぶ事も習得する事も困難です。

しかも、負けた原因を”自己規律以外の何か”にしてしまうのですから、何度復帰してもまた負けます。

 

FXについてこの事を理解していないと、本当に遠回りする事になります。

今日のトレードの勝ちに意識が行ってしまうと、トレーダー人生が間違った方向に進む事になります。

今日の、明日の、トレードでいくら勝とうと、規律なきトレーダーに待っているのものは確率100%の破産です。

 

今日の負け、明日の勝ちに一喜一憂する必要はありません。

あなたが得ようとしているものは「一時的な利益」ではありません。

 

一生安定した利益を得るために、トレーダーとして技術を磨く為に、継続しなければならない事は何かを考えましょう。

月間プラス=プロテスト合格 くらいの価値はありますが、そこから二軍、一軍、そして数字を出し、さらに残り続けるのはごく一部です。

 

月間プラス程度で安心してたらすぐ逆戻りですので、本当の勝利者になるまでは気を抜かずに行きましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。