負けトリガー

人によってトリガーは違いますが、

トレードで「悔しい」と感じると大きく負けに近寄ります。

 

「悔しい」というのは「勝ちたい」という気持ちの裏返しで、

通常「早く勝ちたい!」と思う程、負けが加速します。

 

ここは本当に注意が必要です。

「勝ちたい!」と強く思うほど、その希望の逆の実現が早まるという皮肉な結果を生み出します。

ここは一般社会と逆ですね。

 

「悔しい」と思うと負ける理由

 

通常は強く理想に描いた事は実現すると言われますが、相場では勝ちたいと思うと負けてしまいます。

その理由は、努力の矛先の違いにあります。

 

「勝ちたい」と思う人の多くは、トレードを重ねます。

しかし、本来トレーディングで長期に亘って勝ち続けようと思うなら、トレード回数は減らす必要があります。

 

「勝ちたい」という想いは、「トレードしない」という努力に向けられるべきで、トレード回数を増やす行動に出てはいけません。

もちろん、全くトレードしなければ勝つ事は出来ませんので、1回以上のトレードは必要です。

 

が、理想を言うなら、その一回で勝てば良いのです。

「一回以上」の「最小限の回数」で勝ちきるのが理想です。

 

現実的には、年間を通じて何十回とトレードを繰り返すことになりますが、この考えは原則としてあります。

これは、スウィングが良いとか、長期ホルダーが有利とかいう話ではありません。

デイトレでもスキャルでも同じです。

 

一部の特殊なスキャルや超高速自動売買は除外します。

 

合理的な勝算

計算機

商売では

売上 = 客数 × 客単価

で計算できますが、

 

トレードでは

① 利益 = トレード回数 × 平均pips

ではありません。

 

② 利益 = ロット × 平均pips 

です。

 

ほぼ全ての人が①を目指しています。

その理由は、金難です。

ロットが張れないから、回数で補うという発想ですが、これは間違いです。

 

数式上は正しいので間違いに気付き辛いですが、理論上は間違いす。

回数を無理に増やす場合、チャートでいうと横軸でのエントリー回数が増える事であり、

例えば、一時間の内に何度もエントリーチャンスが無いように、それが一日でも一週間でも基本は同じです。

 

同じ期間内で、トレード回数を増やすと勝率が低下するだけでなく、損益比率も悪くなります。

加えて手数料(スプレッド)が増大するのですから、負け組一直線です。

 

もし「回数を増やす」事を中心に考えて勝つなら、それは期間を延ばすという事になります。

一日1回のトレードを一日2回に増やすのでなく、一日一回は変えずに2日に亘ってトレードすると言う事になります。

 

では資金がない場合はどうすれば良いのか?

答えは海外口座のレバレッジです。

 

現代は、全て利にかなった安全な方法で、最も勝ち易い状況を、PC一台で確保できます。

しかし、多くの人は、この方法を嫌っているか避けているようにさえ思えます。

 

もちろん、真にトレードは自由な世界ですので、どんな方法であれ、勝てば官軍です。

私のやり方を真似ろとはいいません。

しかし、今負けているなら、発想ややり方を変えてみてはどうでしょうか。

 

参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]