トレード中に迷ってはいけない

トレードが始まるまでに、トレードの9割9分決まっていると言って過言でありません。

裏返して言えば、トレードが始まるまでに、予定としては行動の10割を決めておかなけばいけません。

 

これは、当たり前のようでいて出来ていない人が多いと思います。

例えるなら、運動会や修学旅行が始まってから、何をするか迷っているようなモノです。

 

当然ですが、運動会は始まる前に全てのプログラムが決まっており、演者はリハーサル(練習)を終えた「結果」を披露するだけです。

運動会でいきなり「練習」始められたら、ひきます。

 

修学旅行で、スケジュール通りに事を運ばないと、大変な事になります。

一度バスに乗り遅れるだけで致命的です。

出発の時点で、帰宅までのスケジュールが決まっているのが普通です。

 

小学生でも解る行動原理ですが、トレーダーもこの例外にはなりません。

しかし

むしろ大人であるトレーダーの方が、行き当りばったり、必殺思い付きトレードを連発してしまいます。

 

もちろん大人になって会社勤めになってからも、この計画と実行の繰り返しのなのですが、どういう訳かトレードだけは例外視されちゃいます。

なぜだかトレードになると、野生の直感・アグレッシブ野郎になってしまいます。

負けて当然だと思いませんか。

パニック

トレード中に迷う一番の原因は、予定がない事です。

予定を立てているつもりでも、その予定が稚拙すぎて穴だらという場合が多いでしょう。

 

1、朝10時に京都行きの新幹線に乗る

2、京都についたら、夕方まで遊ぶ

3、一泊して翌朝自宅に帰る

 

旅行会社からこんな予定を貰ったら困ります。

むしろノープランです。

 

トレード中の修正は必要

そうはいっても、全てが予定通りに運ぶ事もまたです。

基本的に、シナリオ通りにズバッと終わる事は少ないです。

 

予定実行中も、大筋の予定の枠の中で、随時注意して微調整する必要があります。

つまり、全てが予定通りにはいかない予定を立てておく事が大切です。

 

一つのシナリオに頼り切っていると、裏切られた時にパニックになって対処できなくなりますから、予め第二案(プランB)以上を用意しておきましょう。

この用意周到さが、トレードの自信・ぶれないバックボーンに繋がります。

 

 

トレード中に悩んだ時点、迷っている時点ですでに負けているのです。

 

トレードが始まったら、新たに判断する事は何もない。

予定どおりにロボのように実行するだけ、ぐらいの気持ち準備で臨みましょう。

 

戦場で迷っていたら、命がいくつあっても足りません。

このように考えれば「トレード中に悩む」事が、いかに無謀な挑戦かお解り頂けるのではないでしょうか。

 

トレード中はワイルドさは置いといて、地図くらいは持って出ましょう。

 

 

悩みはトレード前に解決しておきましょう。

解決できていないなら、まだトレードすべきではないんです。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]