トレード中に自分の感情に気づいて修正できるか

表題の件はべらぼうに難易度が高いです。

メチャメチャ激怒している時、辛くて泣いている時、その自覚はあると思いますが、止める事はほぼ不可能です。

 

解っていても、もう、突っ走るしかありません。

車が急に止まれないように、感情も徐々にクールダウンさせるしかないですよね。

 

激怒しまくってる人に「ハイ、そこまで」で止まったら逆にビックリします。

今まで嘘だったの?って感じです。

これが出来るのは赤ん坊くらいのものです(赤ちゃん恐るべし)

 

日常生活でこの難易度ですから、お金と緊張の真剣勝負、相場の世界ではより顕著です。

初心者は、トレードが始まったら、自分を制御するのは至難の業と心得ましょう。

 

しかもトレードでは、感情が表に出ず、外観はクール(冷静)でも、危険な状態が内在しているケースが多いので気をつけましょう。

 

二面性

 

トレーダーに蔓延する病気

中でも特に由々しき問題は「ポジポジ病」と呼ばれるオーバートレード症候群です。

・・・医者も逃げ出す難病ですが、これについて語ります。

 

風邪と同じで多くのトレーダーがかかる大衆病ですが、現代社会にこの治療薬は、存在しません。

これに対するトレーダーの、最高にして唯一の対抗手段は「予防」です。

 

「予防」の中で気を付けて頂きたいのが、初期症状の観察です。

 

発病したらすぐには治りません。

しかし健常者は危機感に疎(うと)くなるので、何度も病気にかかってしまうのです;

 

発病したら治りにくい、発病前は意識しない、を繰り返してしまうんです。

つまり、この中間「初期症状」を観察して、予防に繋げるのが最も効率的かつ効果的です。

 

自分がポジポジ病になってしまう時のパターンを把握し、コントロールすると言う事です。

 

これ自体も難しい事ではありますが、

避けては通れず、人任せに出来ない、大事な事。

いわゆる、自己管理・自己規律の分野になります。

 

このパターンは人によって実にさまざまです。

「損切」「連勝」「ストレス」「高揚感」「手持無沙汰」「飲酒」なんでもトリガーに成り得ますし、

一人で複数のトリガーを持っているのが普通です。

 

普通は、期待と恐怖、どちらかの感情が強く出た時に顕れます。

 

私はかつて、いつの間にかポジポジ病になっている事がほとんどでした。

チャンスが来るまで一週間でも待てますが、一度トレードに入ると連続でトレードしてしまい、次の日もその傾向が続くという時期がありました。

 

ドクター

 

トレード中・トレード後も、冷静になるように意識しているのですが、それでもどこかで「ウィルス」をもらっているようでした。

私は注意深く、トレード後に、その日のトレードと自分の様子を巻き戻すように観察する事を心がけました。

 

「どこで感染したのか?」

 

イメージしては、自分のトレーディングの様子を、隠しカメラで撮っておき、それを巻き戻して見ている感じです。

(機材があるなら、本当に監視カメラ付けても良いと思いますw)

 

その結果解った事が一つあります。

それは、発病前にかなりの確率で「チッ」と舌打ちしているのですw

 

自分でさえ気付いていなかった、風邪の初期症状でした。

トレード中は感情を抑えるよう意識していますが、人間ですから「無感情」を続ける事は難しいです。

必ず、感情の起伏があり、揺れた感情を元に戻すメンタル上のコントロールが必要になります。

 

私が感情に揺さぶられた瞬間はかなりの確率で「チッ」と無意識に舌打ちし、その後「大丈夫だ、冷静になれ、よし想定内だ」などとコントロールしていました。

ただ、この「大丈夫だ、冷静になれ、よし想定内だ」と思っている時点で、既にウィルスを保有しているので、その考え自体がニュートラルでないんですね。

こうして、自覚の薄いまま、いつの間にか病状が悪化しているというパターンでした。

 

あなたも必ず、何らかのトリガーがある筈です。

家族がいるのなら聞いてみるのも良いでしょう。

 

子供や奥さん、兄弟や家族の方が、あなた事を教えてくれるものです。

客観的な「あなた」を知るには、あなたを外から見る必要がありますからね。

自分が負けている姿というのは無意識に拒絶反応がありますので、なかなか振り返って冷静になれませんが、自分以外なら冷静です。

 

パソコンにwebカメラが付いているなら、録画したり、リアルタイムでPC画面上に流してみるのも良いかもしれませんね。

 

挨拶

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。