当ブログはメンタルの重要性を伝える事が多いですが、我々は精神修行の為に投資している訳ではありません。

何の為にトレードしているかと言えば、お金の為です。

 

資金管理だけで勝てると豪語する方もおられますが、果たしてそうでしょうか。

今回は資金管理について説明します。

手に持つ

 

トレード3大要素のひとつ「資金管理」

資金管理が大切だと良く言われますが、ぶっちゃけこれは当たり前すぎる事です。

投資でも、商売でも、遊びでも、同じですよね。

毎月の食費も、お小遣いも、遊戯費も、売上も、材料費も、資金管理なくしてあり得ません。

当ブログも、軽い気持ちで無料ツールの配布だけを続けると維持できなくなるという事を身をもって実感しました。
資本主義の世の中でお金を介さずにサービスを拡大する事は困難です。

資金管理は、生活全般において重要であり、口に出して言う以前の問題だと言えます。

なのに投資に関して、わざわざ強調して言われる原因は、

日頃お金の管理が出来ている人も
トレードでは感情がむき出しになるので、一瞬にして資金を失うからです。

それほどトレードが危険なものである事を先ず認識しておきましょう。
厳密には、トレードが危険なのではなく、実行する側(トレーダー)が危険なのですが。

私は資金管理を、攻めの資金管理守りの資金管理に分けて考えています。
また、資金管理と言っても人によって捉え方が少し違います。

「ポジションサイズ」も資金管理に含めるかどうかは別として、今回の話は包括的・基本的な考えになります。
※ポジションサイズは手法と密接な関係があるので、ロジック(手法)の一部と考える事もできます。

『攻めの資金管理』はいらない

トレーダーがまず先に身に付けるべきは「守りの資金管理」です。

「攻めの資金管理」はいらない、というか、むしろ考えてはいけません
「攻めの資金管理」は、勝つ事が解ってから実践しないと逆に負けが加速するからです。

トレードでは『防御こそ最大の攻撃』になります。

亀のようにガチガチに守りならがら、
たまにヒョイと出て攻撃をするイメージの方が良い成果が残せます。

仮に最後まで「攻めの資金管理」を習得しなくても、
トレードで勝ち続ける事は可能だと思いますし、少なくとも「生き残り」ます。

これが大事なのです。

テレビゲームでは攻撃力をまず上げたくなるのが心情ですし、
その方が面白いですが、トレードでは必ず防御力から確保して下さい。

手ぶらでいいから防具だけは身に付けてください。

「負けたらハイやり直し」のゲーム世界じゃありません。
ここは実在する戦場のド真ん中なのです。

投資資金が小さいから負けても大丈夫と思ってもいけません。
悪疫になりますから、安全性の意識は大切にして下さい。

車の運転でも、「速い」とか「上手い」とかより、「安全」でありさえすれば、事故率は極端に下がります。

「速く」なくても、事故さえしなければいずれ目的地に着きます。

車間距離さえあけていれば、多くの事故は防げるものです。

安全の理論値を決める

具体的な方法は至って簡単です。

といっても、投資資金は皆さん違いますので一律に申し上げられませんが、

まずあなたが、一か月間に負けて良いと考える投資金をまず設定します。

一カ月間の最大損失許容額です。

必ず「生活を脅かさない額」を設定して下さい。
貯金がなく、兼業の方なら「次の給料で補充できる」金額に設定するのが無難です。

又は、100万円の投資金を用意しているなら、その100万円をどれくらいの期間で「使いきるか」をまず設定して下さい。

100万円を10か月で運用するなら、一か月10万円使えるという事になります。
決めておかないと、初めの一か月で100万円失う可能性を残す事になります。

これが一か月の最大損失可能額なります。

最大損失額が決まったら、単純にそれを日割り計算して下さい。
土日を引いた稼働日数で割りますので、月20日稼働として、

最大損失額が月10万円なら、5000円/日が一日当たりの最大損失可能額になります。
意外に少ないと思われるかもしれませんが、これが理論上の値です。

週単位に設定する事も可能です。
この場合は、25000円/週 が許容額です。

これで、全敗しても許容損失内で収まりますので、生活を脅かしません。
確率的に全敗する事はほぼありませんので、ゆとりをもったトレードが行えます。

この「ゆとり感」はメンタルに作用する為、とても重要です。

ネジ

以前に「トレードのラチェット機構」という話をしたのを覚えいるでしょうか。

工具のドライバーやレンチで、一方方向にしか回らないしくみの事です。
同じ場所でグリグリ往復して回しているだけで、ネジが閉る便利な道具です。

資金管理の考え方として、このように下限を決めておき、
負の方向にはそれ以上動かないように設定する事で安全性を確保します。

一方で「一日の目標利益」は5000円以上に設定します。
利益目標が5000円以下だと逆ラチェットで、計画的に負ける結果になります。
(勝率が同じの場合)

これは損益比の問題になるので、手法段階で意識する必要がありますが、
一日の利益目安を持っておく事で、を出さずに勝ち逃げしやすくなります。

利益目標を1.5倍の7500円に設定するなら、
目標達成の時点で無理をする必要はないのでトレードを手閉って勝ち逃げする判断ができます。

一週間に2日、目標を達成すれば、その週の負けはなくなります。
プラマイゼロか、プラスが確定するわけです。

ここで注意して欲しいのは、利益目標の達成にはこだわらない事です。
「毎日7500円勝たなくてはならない」というものではないので、仮に1000円勝ちでも充分です。

また、額が基準になってはいけません。
例えば「5000円失うまでトレードし続ける」といった事のないようにして下さい。

エントリーする・しないの基準は『ロジック(手法)での判断が先』になりますので、今日はもう少し負けても良いから、どこかでトレードしようなどとは思わないで下さい。

以上が守りの資金管理の基礎となります。

1週間トータルで+5000円でも一か月で+20000円。
10万円の投資金なら、月利120%
勝率50%でも月+25000円で月利125%になります。

トレードに慣れてくると、
獲得pipsを減らしてレバレッジを上げる事で安全性を維持したまま150%・200%は、充分可能です。

これには海外口座が有効です。

今回は資金管理の話なので割愛しますが、
目標pipsと目標利益は必ずしも比例しませんので、別にして考えると良いです。

 

一番、言いたいのは

安・全・第・一

です。

守りの資金管理は「安全管理」と言い変えても良いでしょう。

資金さえ守り切れば、後はどこかでチャンスが来ます。

トレード中はヘルメット着用でいきましょう。
(PCの前でヘルメットかぶったりしてw)

工場

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング