チャンスの頻度はどれくらいか?

 

毎日、相場にはどのぐらいのチャンスが発生していると思いますか?

 

チャンスは多いに越した事はありませんが、チャンスは稀有だからこそチャンスと呼ばれます。

「あぁー、今日は100回チャンスが来たぜ」 て事はないですね。

それホントにチャンスか!?ってカンジです。

 

実は私は初心者時代、一晩に50回くらいトレードした事があります。

数えてないので解りませんが、たぶん30~60回くらいはしたと思います。

もっと多かったかもしれません。

 

この時は徹夜でトレードして一晩で資金が4~5倍になりました。

本当に無駄な経験をしたものです。

 

一瞥して解る、素人の特徴

時間営業

素人はトレード回数が多いです。

 

初心者ほどトレード回数が多くなる傾向にありますが、

この時点で、矛盾する行動に気づかなくてはいけません。

 

勝者と呼ばれるプロより多くトレードして勝ち超すのはほぼ不可能です。

「ほぼ」といったのは、短期的には運で勝つ可能性があるからです。

 

始めた頃はやる気も興味も強いので、どうしてもトレードしたくなります。

 

どのような手法でも1時間に1回チャンスが訪れると言う事は無いです。

(スキャルでも同じです)

 

一日24回もチャンスがあったら、気が向いた時に椅子に座れば勝てそうです。

そんなチャンス祭りが催されているなら私もノミネートしたいです。

 

ところがこれに近いトレードを素人はしてしまいます。

兼業なら、睡眠6時間、仕事8時間、風呂や食事などの生活時間を除けば、トレード時間は4~5数時間でしょう。

トレード出来ない日もあります。

 

もし4~5時間の空き時間に4~5回トレードしているなら、毎時チャンスを得ている事になります。

たしかにそういう日もありますが稀なケースです。

 

チャンスの多い時間帯は存在する

 

頑張るサラリーマン

 

10時間監視してチャンスゼロ。

 

こんな日は頻繁にあります。

座ってただけかよ…orzてカンジです。

(これもアラートが重宝します)

 

ただし、チャンスが高い時間帯・チャンスが多く来る時間帯はあります。

 

─────────────────────────

ロンドン・ニューヨークの開始時間などです。

一斉に参加者が増える/変わる時間帯は値動きの起点要因として充分です。

 

つまりここでは一日最低1~2回集中してチャンスを待つ事ができます。

もちろん、毎回エントリー出来る訳ではありません。

─────────────────────────

 

どのような分野でも、上級者を真似る、型から入る、と言うのは効果があります。

勝者を真似るなら、まずトレード回数からです。

 

これは誰でも真似できます。

 

知識なし、金なし、経験なしでも即実行可能です。

「それで勝てたら苦労しねーだろ」

と思ったら、実行すべきです。

 

苦労せずに勝てるなら、やる価値があります。

四の五の言わずトレード回数を減らす、これは結構秘訣です。

 

減らす = 絞る = 精査する = 待つ

と繋がります。

 

トレード回数と破産確率は概ね比例すると言って良いでしょう。

 

極限までトレード回数を減らす事は、重要です。

 

一日20回もトレードすれば、12番目のトレードがどんなだったか、覚えてさえいないでしょう。

 

選らべ、したらば道は開かれん

 

A.月に500回トレードして10万円負け

B.月に10回トレードして1万円勝ち

 

当然、Bを選びますよね。

しかし

実際Bを体験して勝利を収めても尚、トレード回数を増やそうとしてしまいます。

 

10回やって1万勝つなら、頑張って100回やれば10万勝てると思うからです。

そうではなくて、同じ期間で100回もすれば精度が1/10に落ちているので、負けが増えるだけです。

 

時間給ではありませんから、やっただけ儲かる事はありません。

 

トレード回数を増やす事 = 努力

 

だと思ってしまうと、頑張り屋さんほど負けるので、泣くに泣けません。

経験を積みたい気持ちも解りますが、意味の無いトレードを増やしてもやはり無意味です。

 

○トレードしない事 = 努力

 

このように使って、努力が報われます。

なんだか、サボってる方が儲かるみたいに思われるかもしれません。

確かに実働時間は少ないので楽に見えますが、チャート分析や監視を怠るわけではありません。

 

トレード回数は増やそうとするのでなく、減らそうと考えなければいけません。

できるだけトレードしない事を考える事が、勝つ事に繋がります。

 

ちなみに、Bを続けても全然儲からないじゃないか、という意見に対しては、

それも間違いであると大声で叫んでおきます。

毎月1pipsでも高確率で勝てるなら、資金は雪だるま式に増えます。

 

「慌てる○○は貰いが少ない」

焦ってトレードを増やさない事です。

 

ここまで言っても聞かない人には

 

節操無くガッついてんじゃねーよ!

欲望丸出しで恥ずかしくねーのか!

 

と強めに言っておきます。

 

 

勝つ為にやるべき事は何か。

勝つ為にやらざるべき事は何か。

 

トレード回数と破産確率は概ね比例する。

ゆめゆめ忘れるなかれです。

 

行動が、間違っていませんか?

 

破産を選ぶ人は、いないでしょう。

 

【念の為】
実録シリーズの「連撃」「増玉」「複数通貨」はこの概念の上にあります。
僅かなチャンスを最大化する・追加リスクゼロで利益を増やす・チャンスを横に広げて機会ロスを減らす。
このような「次の段階」での施策になります。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。



下のHatena他クリックも、ヨロ(゚0゚)(。_。)シク、ネガイマス