ポジポジ病の経験はありますか?

今はどうでしょうか?

 

・いろいろ試しているが治らない

・治ってもまた再発してしまう

 

という場合は参考にしてみて下さい。

 

ポジポジ病の正体とは

 

要点に絞って言うと、脳には次の分野を担当している箇所があります。

 

・生命維持

・本能的

・感情的

・理性的(理論的)

脳

 

脳を会社に例えると、部署のようなものでしょうか。

 

私は、人よりメンタルは弱い方だと思います。
ポジポジ病や損切りが出来ない心境はもちろん経験があります。

この時、脳内では「感情」と「理性」の綱引きというか、陣取り合戦が行われていると言ってもよいでしょう。

主導権の取り合いですね。

 

放っておくと大体、感情が勝ちます。

 

感情

 

なぜ結果的に感情が勝つかというと、生きる為に必要だと脳が判断したからです。

それが会社の方針なんですね。

 

決して、意思が弱すぎるからではありません。

 

上の一覧でいうと、上にあるほど原始的な脳になり、大脳(旧・古・新)皮質などと呼ばれています。

古い部署ほど、より根強い、オートで発動するような権限があります。

 

「理性」は最近出来た部署で発言力が弱いのです。

ですが、最新の部署ですから、最も時代にマッチした大切な部分です。

 

最終的に感情に流されてしまのにはこのような背景があります。

感情の中でも、とりわけ強いのが「恐怖」と「希望」です。

 

感情部署にいる古参の敏腕部長といったところです。

恐怖部長・希望課長てな感じで。

 

希望課長の方が何か優しそうですが、FXではどちらも敵に成り得ます。

理性部署の新参トレーダーとしては、このお二方が邪魔なのです。

 

人よりもメンタルが弱いチキンヤローの私がトレード中に感情をコントロール出来ているのは、実はこの恐怖部長・希望課長を仲間に引き入れているのです。

利用していると言っても良いです。

 

目先の損切りよりも強い、別の『恐怖心』があり、

目下のエントリーより大きな目標がある、といえば良いでしょうか。

 

より大きな感情を利用する事で、行動と感情がイコールになるようにすると言う事です。

 

以下のような事を自問自答してみてください。

ポジポジ病で悩んでいるなんてないと、思えるようにようになるかもしれません。

 

FXを初めた理由は何ですか?

趣味の場合もあると思いますが、本気で取り組んでいるなら、良い未来を作り、将来の不安を無くそうと考えている筈です。

自分の行動は、それに見合っているでしょうか。

 

ポジポジ病を気にするあまり、視野が狭くなっていませんか。

本来の大目標を忘れ、目先のトレードにこだわり過ぎていませんか?

 

「またやってしまった」と自己嫌悪していませんか。

誰でも、普通は「やってしまいます」。だからそれは普通です。

嫌悪する必要はありませんが、他人と違う事が出来るようになったら、どうなりますか?

 

何を得る為に、どんなリスクを呑むのですか。

あなたの大目標に、そのトレードは必要ですか?

今、どうしてもすべきトレードですか?

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村