酒田五法【さかたごほう】

 

江戸時代の日本に生み出されたチャート分析手法

 

江戸時代にFX?

もちろんFXでも株式市場でもない。

しかし既に米(アメリカじゃなくて食べる方のコメ)の先物相場のようなものがあり、そこで相場の神こと本間宗久氏が編み出した必殺技。

 

酒田五法は文字通り下記の5つの基本パターンからなり、どれも有名。

  • 三山
  • 三川
  • 三空
  • 三兵
  • 三法

因みに、

ローソク足自体もこのコメ相場の中で開発され、そのローソク足に対してチャート分析をかましたのがこの酒田五法。

江戸時代に開発されたローソク足は今や世界で使われる程メジャーなチャートになった。

300年前にしてこの完成度。

いやはや恐ろしい。

日本人のアイデアの深さが感じられる今日この頃。

日本は欧米諸国に比べて資産運用に疎いとかマネーゲームに弱いと言われるが、素晴らしいDNAを持っている事に間違いはない。

コメ相場であっという間に莫大な財を築いた本間宗久は、現代で言うジョージ・ソロスやウォーレン・ヴァフェットのような存在だったのでしょう。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。