トレードは本来単純なもの

バラバラ

トレードルールはシンプルな方が良い程度のものでなく、シンプルである必要があります
複雑なもの程カッコよくて、なんか凄そうな気もしますが、そこを目指すと自爆します。

トレーダーバイブルの名著『デイトレード』の著者オリバー・ベレス次のように言っています。

 

  1. 12歳の子供にも理解出来る手法か
  2. 数学的な計算式を必要とするか
  3. 取引に際し得て計算機が必要か
  4. 取引を実行する為に3つ以上のソフトウェアが必要か
  5. 取引戦略を紙に書くとしたら5分以上必要か

 

これらの質問に1つでも該当するものがあれば、トレーディングに対するアプローチが複雑すぎる可能性が高い、と。

 

トレードの学習を進めていくと、あれやこれやといろんな事を試したくなります。
多角的に相場を捉えようとすると、反って本質が見えなくなってしまう事があります。

 l_021

自分のトレードルールに1つずつ改善と追加をしていくと、次第に判断材料が多くなってしまう事もあります。

しかし本質的に相場は、エントリーであれエグジットであれ
「買う」「売る」「何もしない」を判断するだけです。

資金管理やポジションサイズの考えも不可欠ですが、売買のタイミングとしては上の3つだけです。

 l_006

必要以上に悩む時は、既に売買する価値の無いトレードでしょう。

即座に判断出来る明確な状態でない限りトレードは控えるべきです。
そして即座に判断する為には、複雑なトレード手法は足かせとなります。

多くの判断材料を同時にトレードに用いる場合、
トレーダーの大敵である悩みを誘発し、悩みが優柔不断・不安・恐怖へと繋がって、悪影響を及ぼします。

学習により沢山の知識を取り入れる事は必要ですが、全てを同時に使う為に学習するのではありません。
それらを凝縮してシンプルに纏める為に学習します。

自分なりに知識を凝縮したら、また新たな知識を取り入れて膨らまし、また凝縮します。
まるでボリンジャーバンドのようですね。

売買のタイミングに悩む事が多くなっていたら、
手法が必要以上に複雑になっていないか振り返ってみて下さい。

意外にシンプルな解決方法が見つかるかもしれません。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 ブラック




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村