ProEX

決済を変えれば、

トレードが生まれ変わる。

 

 

『ProEX』はシンプルな操作でイメージどおりの決済を自動化する新タイプのトレード強化ツールです。

 

ProEXをExpertsフォルダに入れる事で拡張される新機能は、トレードをスタイルごと変えてしまう環境的優位を現実的に提供します。

 

その理由はこのページを読めばお解り頂けます。

 

決済をデザインする。

 

戦略デザイン

チャートに絵を書くように決済ラインを決め、イメージどおりの戦略を実現。ストラテジーは視覚化されます。

 

トレードの次の形

戦いの歴史は武器の歴史。旧来スタイルは遅れをとり、先駆者が覇権を握る。

 

決済革命

タテ、ヨコ、ナナメ、MA、BB、複数の決済ラインを同時に、多通貨で。(※連携インジは無料です)

 

変動する遅行指標に同時に対応できるのはProEXだけです。

MAやBBタッチで決済、時間決済、一括、通貨ペア別決など、決済機能全般が強化されます。

 

戦略・戦術の選択肢が増える事は、それができないトレーダーより優位な立場を維持します。

 

トレードが、加速する。

 

目的は、決済にある。

全てのトレードは、決済する為に行っているので、エグジットは目的そのものです。

 

トレードが変わる。結果が変わる。

決済が変わればトレードが変わり、トレードが変われば結果が変わる。無自覚に実現されます。

 

 

守る、資産。

 

負けを矯正する

SL(損切りライン)のブレイクイーブン移動を設置し、自動的に資産を守る。

負けない状態をつくる事ができれば勝ちます。大けがさえしなければ、チャンス(利益)のエンカウント(遭遇率)がゼロになりません。

 

”機械化”は、少しで激変する。

スマホひとつで時代が変わったように、道具ひとつで安全性飛躍します。

 

 

「まずは生き残れ。儲けるのはその後だ。」 -ジョージ・ソロス

 

 

建値保全の自動化は、ProEXで実現可能です。

あとはそれをやるかどうかを考えれば良いだけです。

 

本当に変化するのは、操作性や利便性ではなく資金や生活です。

 

 

伸ばす、資産。

利益を強制する

 見ていない時も相場を追いかけ、一定幅でない自動追尾トレールによって利益を最大化。

一番難しい事を一番簡単な手段で

利食は芸術。熟練トレーダーでも難しい利確タイミングを自動で捕捉。設定はマウスドラッグ。

 

 

毎日、ライバルと差が開く。

 

ハイパフォーマー

24時間の相場で、サラリーマンが毎日必ず3時間監視できた場合、カバー率は全体の12.5%。

オートメーション化で他者をダシ抜く。

 

10刀流も可能

一日中レジ打ちする社長はいない。作業をツールに任せれば、ブレーンの仕事を増やせます。多通貨・多ロジックを同時無制限に制御します。

 

 

決済新時代。

 

裁量トレードも時代と共に進化するので、旧来スタイルのトレーダーは必然的に遅れを取ります。

近代トレードでツールを使わない売買は圧倒的に不利に働きます。PCが無ければ口頭や電話注文するしかありませんが、このように売買環境の違いが、成績も、チャンスの有無も左右します。

 

ProEXは、標準機能として自分で引いたトレンドラインで自由な決済を自動化する事が可能です。
単純なこの機能だけでも汎用性が無限にあります。また平行作業、平行トレードをも自由にします。

 

ライン決済だけでも強力な武器になりますが、連携インジ(*後述)を併用するとイッキに戦略的汎用性が増します。連携は無料版インジで可能です。

 

戦略・戦術の選択肢が増える事は、それができないトレーダーより優位な立場を維持します。

 

 

既に当方のアラートインジを使っている場合は、そのインジをそのまま使用しながら

アラート機能に加えて決済機能が増設されるイメージです。

 

 

目的は決済にある。

 

全てのトレードは、決済する為に行っているので、エグジットは目的そのものです。

インジが道具として重要なら、決済型EAは、防具として必須です。

 

 

武器としても高度な使い方が可能ですが、もし、負けているなら、

始めは、安全強化防具としての活用を強くお勧めします。

 

 

防具を強化し、まずは負けを減らす事。

負けトレードの中でも、大負けを重点に減らす事です。

 

大敗の禁止

 

これは鉄則オブ鉄則で、私の戒律でもあります。

 

大けがさえしなければ、

チャンス(利益)のエンカウント(遭遇率)がゼロになりません。

 

負けない状態をつくる事ができれば勝ちます。

 

資産を守るためには、複数の保全策を同時に行うのが効果的です。

セキュリティーは重複するほど安全性相乗的に飛躍するからです。

 

 

「まずは生き残れ。儲けるのはその後だ。」 -ジョージ・ソロス

まずは防具を強化し、その後利益を増やすのが最善です。

 

ありきたりな方法ですが効果は絶大です。

あとはやるかどうか、と、実現できるかどうかの問題です。

 

建値保全の自動化は、ProEXで実現可能です。

 

 

つまりあとは、それをやるかどうかを、考えれば良いだけです。

 

”大負け”の定義

大敗といっても、何万円から「大負け」でしょうか。

 

大負けした事はありますか?

その額はいくらでしたか?

 

そのときの状況は?

感情は?

 

思い出せますか?

 

大負けカミングアウト

 

私は、あります。

金額も、状況も、感情も言える。

 

 

恥ずかしがっている場合じゃないので、いきなり言います。

月給が20万円のころ、一日で60万負けた事があります。

 

額が少ないと感じたかもしれませんが、これは、

私が、まだインジを開発する前で、手法も研究段階の下積み時代

 

手取り月18万以下の給料で、一人暮らしで、養育費も払いながらの、-60万です。

 

 

大負けとは、の問題でなく、

資産に対する損失の割合のデカさです。

 

生活に与える、インパクトといっても良いでしょう。

 

当時の私の給料と、失うのに要した時間を考えると、それはもうビッグでヘビーな負けでした。

 

金曜日。

会社の休憩時間に確認した含み益は、+80万円でした。

給料4ヶ月分。婚約指輪だって買えちゃいそうです。

 

そろそろ会社辞めてもいいかなと過信し夢ふくらんでいた矢先、

終業時に携帯を見ると、ポジションが表示されない。

 

実勢価格は変わっていないのに、建玉だけが、ない。

はじめは表示設定の問題だと思いました。

 

言い訳にしかならないので、ショートカットで説明しますが、

 

その時の私の戦術は、

少額ポジションから始め、含み益を利用してピラミッディングで巨大になった建玉を、

状況に合わせてSLを調整させながら最適な状態を維持していたんです。

 

規律面も未熟でかつ、損切りラインの位置が悪かったのが一番の原因ですが、

一瞬の「長いひげ」にタッチし、その日、最も良くない決済が実行されました。

 

もっと浅いSLなら利益を確保して逃げれていたし、もっと深くしていればフェイバー(含益)を維持できた場面でした。。

 

 

140万円のラーメンを食った事があるか

 

 

私は、ある!

+80万から-60万、140万円の落差です。

 

その日のカップラーメンを、140万円だと思う事にしました(笑

(何味であれ、塩味だった)

 

金曜の朝まで天国、金曜の夜に地獄が訪れ、土日はイライラ放心的感情に交互に襲われました。

そんなボロぞうきんくんも、なんとかやる気を絞り出し、やっとチャートを開くと、もう一度驚きました

 

MT4チャートにはヒゲがない。

 

140万を一瞬で埋めた「ひげ」は、私が使っていた国内業者だけのものでした。

相対取引の為、そういう事もあるでしょう。

 

でもこれはヒドイ。

(以後、海外業者オンリー)

 

 

だから

 

安全システムが必要だった

 

全部私が悪いんです

何が言いたいかと言えば、「自分が悪い」という事。

「あーそうですよ。私が悪いんですよ」とスネている訳でなく、

 

これらは、全部、防げた内容です

 

守る事も、回避する事も、もちろん利益を得る事も。

 

金曜の朝ワンクリックしていれば、80万を得られた事実もあったのです。

ですから、自分で負けを選んだも同じです。

 

一生分のラーメンを得られるチャンスを、自ら放棄したに過ぎません。
(しょっぱくない味の)

 

遊びのような安全管理(セキュリティー)で、大金を相場に晒していた罰です。

 

このような経緯もあって私は、

随時プライスアクションを把握し

適時いつでも投資行動する準備をしながら、

しかし体力・集中力・客観性を維持・温存できる、

アラートインジ(半自動化)を開発

した訳です。

 

”安全に対してノープラン”は

 

家に鍵を掛けるように、ポジション(資産)ひとつの安全性に意識を向けるのは、自分以外にいません。

 

余談ですが、私はドロボーに入られた事があります。

21歳の時、社寮で、枕元の封筒に入れていた25万円くらいを盗まれました。
(会社の報奨金1~2万円を毎月コツコツ貯めていた)

 

その時、警察から教えて貰ったのですが、鍵の空いた窓から侵入したらしいです。

誰が悪いか明らかですよね

 

私です。

 

玄関にはカギをかけていましたが、窓には格子があったのでカギを毎日チェックしていませんでした。
ドロボーにしてみれば、盗りやすくバレにくい環境だったのでしょう。

(格子のネジを外して侵入された)
(これをザルと言わずしてなんと言う)

 

当然ですが恒常的にお金を失う人にはお金を失う理由があるわけで、

 

 

お金を奪われなかった隣の人には、お金を失わなかった理由があり、

私には私の、お金を失う理由があったわけです。

 

 

 

トレード資金の保全対策は、自己責任。

 

ProEXの大きな目的のひとつは安全確保です。

建玉管理が楽になる便利なツールですが、便利さが一番の目的ではありません。

 

画面上はデジタル表示に過ぎませんが、ポジションは実在するお金です。

仕事でコツコツ貯めた大切な資金をハダカで外に置く人はいませんよね。

 

ですが、例えば一回の投資金が1万円程度だとすれば、

”1万円”にカギもかけずに窓の外にポンポン投げるような行為を、マーケットでは平気でしている事があります。

負けているほとんどの人が封筒に入れる程度で安心して、公の場(相場)に現金(ポジション)を晒しています。

 

ひとつひとつのトレードにもカギを掛ける、具体的で現実的な安全対策は必須です。

守れたらいいな。盗られなければいいな。程度の意識は、安全を希望しているだけで実行しないのと同じです。

安全対策考え、準備したうえで適切なタイミングで習慣的・確実に実行されるなら、より安全度は高まります。

 

 

「大負け」額の大小が問題ではありません。

仕事睡眠に100万円負けるのもの確かにイヤですが、

10万円でも1万円でも、自分の大切な資金を守る意識がいなら、いつまで経ってもお金は増えません。

 

 

安全管理が稚拙なら、

仮に一時は大金を得たとしても、いずれ失う金に過ぎません。

 

短期間で稼いだ膨大な利益一日で失う動画や記事をあなたも見た事があるでしょうか。それは一重に、安全管理がなっていないんです。

 

 

だから、必ず作る。決済システムを!

 

ProEXを、まずは安全の為に利用して欲しいのは、ここまでにお話した理由からです。

 

使い方に慣れてくると実は利益を伸ばすのに大変重宝します。

 

これは同じだけの”効果”を攻撃力(利伸ばし)として使う事も当然可能だからです。

しかもこの場合安全性を維持したまま、利益を自動的に最大化できます。

 

ただ、利伸ばしトレール後でいくらでも可能ですから、

まずは、安全の方から固めるのがコツです。これは鉄則です。

ソロスの言葉は徹底するのが大吉です。

 

リスクを排除した後で伸ばしたいだけ伸ばす方法が、いちばんストレスがなく楽しい決済ができます。

まずは生き残り、その後、利伸ばしの楽しさをまとめて体験してください。

 

 

動画


MT4の標準トレンドラインを決済ラインとして使えます、上に引けばTP、下に引けばSLです(ショートはこの逆)

 

百聞は体験に如かず。購入前に全機能を公開できるツールはほとんどありません。

一定幅でないトレール、永久適用でない期限など、決済ラインの「形」が自由になります。
チャートに決済ルールを描くような感じです。思っている決済イメージを描けば、それが現実になります。

 

連携の一例です。
ワンクリックで「アラートスイッチ(ON/OFF)」を「決済スイッチ」に変える事ができます。

 

一般的な一括決済ツールを上回る、一括決済機能(pips単独表示も可能)
緊急時や、手動決済する時もポジションの管理・把握・決断が素早く行えます

 

以下、効果と特徴について詳しく説明します。

 

機能・効果概要

 

 

安全性が高まる(監視と実行を同時にできる)

利益アップに繋がる

ブレイクイーブン決済が増える

・トレンドラインを決済やブレイクイーブントリガーに利用できる

・今使っているアラートインジのアラートのタイミングで決済できる

・今使っているアラートインジのアラートのタイミングでブレイクイーブンムーブできる

緊急時の一括決済ができる

・通貨ペア別に一括決済できる

部分自動決済ができる(例:1.0lotの内、0.01lotのみ自動決済したいなど)

・チャートに入れたまま使える
(EAは売買をする為、本来は入れっぱなしにしない方が良いが、独自アルゴリズムでこれを解消している)

・ワンクリックで、ポジションレベル・TPレベル・SLレベル・ASKレベルを表示非表示できる

・通貨ペア別にまとめた含み損益をリアルタイム表示できる

・通貨ペア別にまとめた含み損益をpips表示のみでリアルタイム表示できる
(MT4は、完全な意味で、pipsのみを表示させる機能がない)

・終了時刻を設定し、定刻に決済できる(*時間決済)

終値確定で決済できる(*cyborg

・SLは終値確定、TPはタッチ即決済、などライン毎に基準を指定できる(*cyborg

両建て中に、ロング(ショート)のみを指定し、自動決済できる

・特定ポジションを指定して自動決済できる

単体で使用できる

連携して拡張できる

・決済パターンを複合でき、同時、同画面内で設定できる

利食トレールができる

・無人決済、無人建値保全ができる

・トレードワークがになる

 

*時間決済:同時発売のProLineV使用
cyborg:Proシリーズ・無料配布インジ等でProEXと連携可能な独自システム(=cyborgシステム)に対応しているという意味

 

どのような人に向いているか

 

・現在アラート系インジをトレードに利用している

・アラートのタイミングでSLしている

・アラートのタイミングでTPしている

・アラートのタイミングでSLを移動させている

・アラートのタイミングでTPを移動させている

・トレンドラインで決済したい

・トレンドラインやMA・BB・時間タッチをブレイクイーブントリガーに使いたい

・複数ポジションを持つことが多く、通貨ペア毎の損益管理・決済をしたい

・多通貨同時監視を行っている

・ストップロスを忘れる事が多い

・ストップロスを後退させてしまう事がある

・利食を伸ばしたい(自動で)

・随時チャートをチェックできない環境でトレードしている

・建玉コントロールできない時間帯がある(仕事・外出中など)

・ピラミッディングや分割決済を行っている

・マジックナンバー保有のポジションを自動決済したい(他EA使用・上級者向け)

・指定したポジションの一部分だけを自動で決済したい

・終値確定で決済したい

・両建てする事がある/今後予定している

・安全管理がずさん

・安全管理のルールがない

・安全管理の手段を持っていない

・利伸ばしの手段を持っていない(自動)

・水平線以外(垂直線・トレンドライン・MA・BB)をTPやSLにしたい事がある

・トレードをもっと効率化したい

・出来る限り自動化したい

・外出中に適切にポジション管理したい

etc.

他にもあると思いますが、大体こんなところでしょうか。

いろいろ書きましたが「トレードを向上させたい!」と真剣に思っいる人なら誰にも、門は開かれます。

 

向いていない人/ProEXの弱点

ProEXも残念ながら万能ではありません。

弱点や不向きなケースについてお伝えします。

 

まず、ProEXはマジックナンバー指定決済ができるので、

・自動エントリー型EAと組み合わせて完全自動売買システムを構築する

また、

・ライン自動生成系インジと連携して、全自動決済システムを実現する

事が可能です。

 

ですが、

本ツールは原則として裁量トレーダー(私)用に作りました。

決済ラインはトレーダーが選択・指示する事を想定しています。

従って、入れるだけ全自動系EAやシグナル配信などのトレーダーには、お勧めできません。

 

また、下記の弱点があります。

 

・エントリー

ProEXは決済に特化したEAであり、エントリー機能はありません。
ただし、前述のように他EAで建てたポジションもProEXで指定決済する事がきます。
現在他EAを利用してている/今後予定している場合も無駄にはならないでしょう。

 

・オシレーター系やその他の指標

私は、テクニカル分析・相場判断にオシレーター系を使わない為現在対応していません。
この為オシレーター指標で損切/利食/移動をする手法には使えません。

ただしProEX(*cyborg)は理論上あらゆるインジケーターを決済ライン化できる拡張性があります。
要望次第では着手しますが現段階で未定の旨ご承知願います。

ただし、

ピボット・フィボナッチ・高値安値・などの多くの指標は、
水平線・トレンドラインなどで代替えできます。

 

 

製品価格

通常価格:25000円

 

価格は、以下の点を考慮して決めました。

・既存ツール:MAEX(自作非売EA:10000円)の機能を網羅し、完全上位の機能で拡張・応用生ほぼ無限

・13種のインジ(実質9)の連携対応(*cyborgシステム)

・資金を守る本質的重要性

・物見遊山な購入者の排除

・アフィリ実践者への利益提供

・対応時間軽減(個人的都合です)

 

 

今後毎日資産を守り利益を伸ばす25000円にどのような価値に感じるでしょうか。

 

既に大金を運用しているなら、なおさらですが、前述のように額の大小は問題でありません。

家の鍵交換でも20000円くらいします。

 

トレード環境の設備投資で、これから発生する事を考えてください。

賢明な投資家としてリスクとリターンを判断し、決断してください。

 

 

限定キャンペーン

 

適用製品:ProEX

 

特典:

1)ProLineV (インジケーター)⇒ 無料

      2)自動高値安値(非売インジケーター)⇒無料

3)特別優待価格19800円(税込み:21,384円)

 

※特典の詳細は下記に記載していますので必ずご確認ください。

・特典は購入後にダウンロードできるファイル内の特典受け渡しページより提供いたします。

 

 

 

優待価格&特典付ProEX申込

25000円

 

詳細説明

 
1)ProLineV

Vertical(垂直線・時間軸)にアラートスイッチを付加します。
ProEXを併用することで時間決済を可能にするインジです

 

チャートは縦と横で構成されており価格と時間は大事な要素です。

初心者の頃は価格(縦)だけ見る傾向があるので注意しましょう。

 

ProEXと連携し、

・10分後にポジションを閉じる

・☓時△分になったら、損切りレベルを引き上げる

・金曜の夜に全ポジションを閉じる

・・・

などが可能になり、使える術・選択肢が広がります。

他のインジと併用ももちろん可能です。

 

また、トレードに終了時間を持つ事で、

リスクを限定し、安心して自動利益伸しをする事につながります。

 

 

 

 

2)自動高値安値(非売インジケーター)

自動高値安値は一部私と繋がりのある常連の方のしかも一定条件を満たした方だけにお渡ししている特別なインジケーターです。

「売って欲しい」「入手方法を教えて欲しい」という問合せが常にある人気インジケーターですが一般の方には公開しておらず販売もお断りしています。

ですが、このページからのお申込みに限り特別特典としてプレゼント致します。

 

3)割引価格

本キャンペーンに限り19800円(税込:21,384円)でご購入可能です

 

 

追記:

プログラム著作物登録

無料インジ及びProシリーズで使用しているProEXとのオリジナル連携システム、『インジケーター・エキスパートアドバイザー・アラート連携売買システム:cyborg』は、国内唯一の登録機関、一般財団法人ソフトウェア情報センターへ登録されました。

一般財団法人ソフトウェア情報センターとは
抜粋:
「著作権法」及び「プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律」に基づき、文化庁長官から「指定登録機関」の指 定を受け、昭和62年から、コンピュータプログラムの著作物の登録事務を実施しております。また、登録内容について、登録事項記載書類の 交付、 官報への公示、 登録年報の発行、検索サービス等も行っております。
<注意>法律に基づき、プログラム著作物の登録を行っている機関は他にはありません。民間企業等が行っている登録と はまったく関係ありませんのでご注意ください。

一般財団法人ソフトウェア情報センター  著作権登録部
〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目16番11号

 

 

以上、

マーケットはプロばかりの戦場で、トレーダーは孤独です。

よければ、一生のトレードのお供にしてあげてください。

 

良いトレード環境を早く構築する分だけ、トレードを優位に進める恩恵も多くなります。

 

 

おまけ

 

私は、ProEXが完成するまでは、アラートインジを使用しアラートが鳴ったタイミングでチャートを開いて決済していました。

 

以下に、そのアラートインジ利用者から頂いたアンケートを公表します。

ProEXそのもののアンケートではありませんが、ツールを使ってやる事は同じなので参考になるかと思います。

自分のトレードがどのように変化するか、想像してみてください。

 

自己規律が改善する

 

※当インジ関するアンケート調査(使っているインジと比べてみてどうですか?)

(注)ProEXと連携可能なアラートインジ各種他のアンケートです(2017-06-24時点)
(応援ページ掲載中アンケートより集計して転載)※ProEXのアンケートではありません

 

 

ProEXは、アラートに実行機能(決済)を付加する事で、

トレードスタイルを崩さずにトレード環境を改善できます。

 

あなたのトレードスタイルにアラートインジが役に立っているなら

ProEXの導入で、より優位に立つ道理です。

 

 

参考までに「改善の内訳」も公開しておきますので下記を御覧ください。

 

 

ポジポジ病に効果

 

 

 

 

機会利益の獲得

 

 

 

トレード効率向上

 

 

ProEXレビュー抜粋

 

以下、ProEX利用者のナマの声です。

 

とてもすばらしいツールです。 使えば使うほど優秀なツールだと気づかされます。

負け組みだった私ですが、おかげさまで利益が段々プラスになっています。

もう手放せないです。私にとってトレードの相棒です。

 

損切貧乏からの解放

昨今までのAmaEX(アマチュアエグジット( ´∀` )では、エントリー後伸びるだろうと淡い期待も束の間あっという間にストップ到達し、損小利大どころか損切貧乏。それを避けるためにチキン利食いと本末転倒の日々是排日でした。 これからはProEXで、先ずはブレイクイーブン設定で損小利小。次にトレイリングストップ設定にて損小利大の日々是好日にしたいと思います。

 

 

余裕

兼業の私は時間と体力を使って毎日決済ポイントを必死で追いかけていて疲れてましたねぇ。 今はProEXが私の代わりに確実に狙った決済ポイント(ProBB)で決済を実行してくれていますので本当に楽になりました。使用から約3ヶ月になりますが利益が確実に伸びています。少し前同僚に「いい事あった?」って 言われてきずきましたね、アッ!気持ちに余裕が有るって! 笑顔になるんですねMt.moreさん   ありがとうございます

 

すごくいい!

設定も簡単で特に関連のインジで決済できるなど好きなトレードスタイルでアレンジできるので重宝しています。買って損はないと思います。

 

 

想定外の変動にも最適です。

私はブレイクアウト手法の決済に使用しています。ブレイクしたらラインを引いておきます。だましだった場合にも微益で撤退できます。チャートを凝視しなくて済むので、仕事中でも安心です。負けが少なくなる→勝率があがる→楽しい、です。

 

 

※掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

 

いかがだったでしょうか。

「使うだけで成績改善」は普通は怪しい情報の類ですが、

このページ(情報)を読むだけでも、大きなリワードだったのではないでしょうか。

(冒頭のお約束を果たせたでしょうか?)

 

今後もさらに改善して進んでいきます。

今後も、他人が羨むようなトレード環境を、共有しましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

FXmt Mt.more

 

 

 

25000円

 

その他ユーザーの声:平均レビュー★4.82(2018/11時点)

 

 

 

  追記:

 

ProEXユーザーさまから頂いたお便りの一部を紹介させてただきます

 

fxmt様(※当方のブログ名です)

こんにちは、■■■■■■■■■です。いつもメルマガを楽しく読まさせていただいております。また、トレードの勉強にさせていただいており、大変ありがたく思っております。いままで、fxmt様からメルマガ内で感想を送るようメッセージがありましたが、なかなか書くことができず申し訳ありませんでした。

長文になりますのでここからは、気が向いたら読んでくれて構わないです。

 

私は■■■■才のおじさんです。仕事は会社員ですが今は、躁鬱病の治療のため半年前から休んでおります。また、約10年前にうつ病になり、やはり会社を1年ほど休みました。病気のきっかけは、管理職になったためです。

 

私の性格は部下に迷惑をかけさせたくない、また、上層部からの指示は絶対にやり遂げなければならないというおひとよしであった為です。今は、役職を降りましたが(おろされた?)一度患った精神病はなかなか治らず結局また休んでいる次第です。今までfxmt様へのメルマガの感想を書くことができなかったのは、この病気のせいでした。

 

では、なぜ、今頃書いているかといえば、書く気力が出てきたからです。fxmt様のEAのproEXを数カ月前に購入させていただき、デモトレードで使わせて頂いたところこれは本当に素晴らしいものだと思い始めてきたからです。

 

とにかく負けない、悪くてもイーブンプラスアルファ、トレードをやればやるだけ儲かるということが実感できたからです。

言うなれば、フジテレビの目覚ましテレビ内のジャンケンのようなもので勝てばもちろん負けてもポイントが付くということと同じであると言えるでしょう。

 

話を10年前に戻しますが、FXを始めたきっかけは、病気で会社を休んでいるときにこのままではお金で大変な思いをして生活をすることになると思い、本屋で株の本を観て多額の原資が必要であることが判りその横にあったFX本をたまたま観て、これなら少額の原資で始められ、割と簡単に儲かりそうだと思ったのがきっかけでした。

 

さて、では、始めたのは良いのですが、結果(当時から最近まで)はみなさんが辿ってきた道と同じでした。

そう、トレードをやっては資金を失い勉強をしなければ勝てないと思い、■■■■■■■■■(※某有名トレーダー)さん等のネットテキスト本を高額な金額で購入し、トレードに再挑戦しては失敗し、それでは自分の意志を入れないで完全自動で売買し、利益を出してくれるMT4のEAを10製品近く購入し、これで儲けようと思ったが、結局思うようにEAたちは稼いでくれず損失ばかりでした。

 

そんなふうに資金を失ってきたという道です。(決して■■■■■■■■■さんの本が悪いと言っているわけではありません、自分にその理解と実行力がついていけないのですし、他の方たちが苦労して作ったEAの出来が悪いとは思っていません。)

それで、現在は会社を休んでいるのでトレード資金などなくネットサーフィン(古い言葉ですね)をしていて、fxmt様のところにたどり着いた次第です。

 

そこでProEXを見つけfxmt様の動画説明を観て共感し、購入、デモにてトレードをしてみたらはじめの頃は使い方やパラメータの単語の意味がよくわからず、損失を出しておりましたが、直近2週間、一回も損失を出しておりません!(毎日ヒマですから一日に2、3回のトレードの頻度です)

 

これは、私のトレード歴のなかで奇跡としか言いようが無いことです!デモトレードとはいえ本当にびっくりなことなのです。fxmt様!!、『ProEXを売っていただきありがとうございました。』…と、言う報告をしたいと思いこれを書きました。また、メルマガを読んでいてfxmt様と私は仕事で役職で苦労し、うつ病になり、そしてFXをやっているということが共感出来たので、そこも報告したいと思い書きました。

 

以上、初めてのメールで長文失礼しました。これからもメルマガ楽しみにしています。また、当方MT4しか使い方を知らないので誠に勝手ながらMT4用の良いインジやEAをこれからも作り続けてください、こちらの方も楽しみに(そう簡単には作成することはできないかもしれませんが)しております。

 

当方、メールの書き方が不慣れなため改行が変になってしまい読みにくいかもしれませんがご了承ください。

■■■■■■■■日 ■■■■■■■■■■■■■

 

話は変わりますが、メルマガ読者限定のインジの自動高値安値を頂いてから水平線をどこに引けばよいかの目安が非常にわかりやすくなりました。

 

以前から、水平線の重要性はいろいろなところの情報で解ってはいたのでチャートにそれらしいところに引いてはみたものの水平線だらけになってしまい、肝心のチャートの動きがその線に隠れて訳がわからなくなり、結局、水平線での判断をしなくなってしまったのでした。

 

私のトレードスタイルは、主に1時間足のチャートを見ておこなっています。

よって、Mt.more様が何かで、前日の高値安値は重要なものです。とおっしゃていたのでそれを信じて、自動高安値が引いてくれるトレンドライン(前日の高安値の延長線)を参考にそこを目安にし、指値でポジションを持つようにしたところ今までと比べ格段に精度が上がり、また、チャートも見た目で非常にスッキリして見やすくなりました。(そこを超えたら上がり超えなければ下がるということがわかりやすくなりました)

 

こんなインジケーターを無料でいただけただけで私の心は感謝!感謝!でいっぱいです。ですので、これからも、メルマガの配信を楽しみにしております。あと、私はヨコシマなやつですので、メルマガを読んだことによるポイントを早くためて、決済専用EA(A)、決済専用EA(B)がどのようなものか使ってみたいと思っております(そうでなくともMt.more様のフンドシを借りて相撲を取っている自分ですが)。

 

また、そのときには、使用した報告もしたいと思っていますのでよろしくお願いします。(最初のメールにも書きましたが、病を患っているため調子が良いときになるのでいつになるかはわかりませんが・・・。)

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

■■■■■■■■日  ■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

推奨する証券会社:XM(業者による使用制限はございませんが、当方の環境はXMをメインで動作チェックしている為)

対象通貨ペア:本ツールはロジック非搭載の機能拡張型EAの為、通貨ペアに関わらずご利用になれます。

 

※免責事項:当EAは製作者同等の利益や効果を保証するものではありません。ご利用によるいかなる損害も保証致しかねます。MT4を利用した為替取引はリスクを理解の上自己責任で行うものとします。
・信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことが
 ありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
・信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。

 

特定商取引法の表記 | 利用規約