(ノット)イコール哲学

ちょっとだけややこしい話をします。

1円 = 100万円

投資『額』の問題ですから、

1pip = 1円 だったり、

1pips = 100万円 だったりします。

 

上記の等式に矛盾はありません。

これをまとめると

1円 = 1pip = 100万円 が成り立ち、

 

つまり、

1円 = 100万円

 

となり、矛盾しますが、ある意味正しい事です。

トレーダーは1円も100万円も同じように扱い、同じ行動がとれるようにならなければいけません。

つまりpipsを基準に考えるのが正しい姿勢です。

 

「リスク」を必要コストと理解して許容するのは正しい事ですが、

 

「5000円だから負けてもいい」

というような発想には、やや注意が必要です。

 

言葉の裏に”50万なら、負けられない”

という気持ちがあるなら「欲深い系」です(私含む)

 

(まあ、普通はそうです)

 

モノ=カネ=行動

患者の事を「お客さん」と呼んで問題視された病院がありますが、

医者から「上客」なんて言われて体をいじられたくありませんよね。

 

どんな仕事も、利益がなければやる意味もなく、継続もできませんが、

トレードの『最中』は、利益(お金)の事を考えてはいけません

 

手術中に「ここからは延長料金になります」とは言われません。

 

支払いや収入も、物や行動(労働)の対価であり、イコールで結ばれますが、

行動そのものは、当然、お金ではありません。

 

ですから、お金と行動も、分けて考える必要があるんです。

 

「トレード中の金勘定」は、「手術中の金勘定」と、同じ(イコール)なのです。

 

トレード ≠ お金

トレードも手術も、行動であり、行動は時間でありカネでもあります。

 

トレード(行為)=カネ は、普通に正しい式にもとれますが

前述のようにトレードと金を一緒にしてはいけません。

(トレード結果はカネですが、トレード行動中はカネでない。うん、ちょっとややこしい。)

 

正しくなさそうな等式が正しくて、

正しそうな等式が正しくないのです。

 

ちょっとだけややこしいですね。

 

 

金勘定は、坊さんに任せときましょう(オイ)
(お坊さんスミマセン)

 

「欲に無力」は仕方ないが、「無欲に無策」は避けるべき

私のインジにpips表示機能を付けるのは、その為です。

利便じゃないですよ。メルタルです。

 

MT4にはpipsだけを表示させる機能がありません。
ターミナルで表示を選択できますが、合計金額を消す事はできません。
(ウィンドウごと消すのは可能ですが、それだと何も見えません)

 

お坊さんのように無欲でない凡人共(私含む)は、金額を目にするたびに、欲の世界に戻されます。

大きな含み益を抱える凡人の瞳を覗き込めば「¥¥」になっている事もしばしば。

 

含み損でも同じです。

チラ見とはいえ、巨大な含み損を目にすれば、その時点から冷静さを維持するのは困難です。

 

さっきまで無我の境地だったお坊さんも「ヒャ!、ヒャクマンえん!!?どどど、どーしおー(汗)(汗)」

となる事請け合いです。

 

欲を絶つには、欲に触れない事が最善策です。

 

ちなみにpips表示機能はProTradeViewとProEX、それに、メルマガ特典のスクリプトにも実装しています。

このようにpipsを追い求める姿勢が、自然体で欲から目を遠ざけてくれる、私なりの策という訳です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。