前回までの流れ

日足見る(環境認識)

1時間足見る(環境認識・シナリオ立て)

 

これだけの事しかしていません。

前回説明したシナリオを想定しつつ、獲物がに掛るのを待ちます。

今までもこのタイミングが来るまで『待って』いた訳ですが、これから罠を張ってまた『待つ』訳です。

 

今回はアラート×メール×MAの出番です。

じ~っと待ってても、結局罠に掛らない事もありますから、待つだけでも大変です。

 

アラートを仕掛けてのんびり待ちましょう。

 

いずれ来る勝負の時間に備えて。。。。

 

エントリーの時

それでは、その後の話です。

今回も細かい説明は省いて流れだけを説明していきます。

まず私はMAにアラートをセットして、床につきました。
上側のオレンジの線です。

そして、ひと眠りして、目が覚めて見た時のチャートが下の図です。

 

 GBPUSD1h6

 

 

「アウチ!」

 

外人じゃないけど、英語が出ました。

アラートはセットしてたんですが、なぜかPCが休止状態になってで稼働しておらず、アラートがならなったのです。
それでもいつもは起きてる時間なんですが、最近忙しかったので1~2時間仮眠するつもりがどっぷり熟睡してしまってました。
目覚ましの携帯アラームさえ気付かずに。

起きた時にはこの有り様、チャンスは過ぎ去っていました。

既に走り出した相場、待った挙句『待ってくれ~』の一言です。

 

に掛っていた獲物をミスミス逃したようなものです。

 

大かたの狙い通りMAで反発し下の支持線を抜いています。

反発の仕方は思っていたより早く大きかったのが特徴です。

ここまで一気に反転されたら、起きていても勝負は一瞬でしたね。

 

ちなみにこの状態は私が勝手に命名する「一通」「柳」のコンボ。
名前を付ける程に好きな、勝率の良いパターンです。
(今回は説明しません)

正に全てがシナリオ通りなのは嬉しいですが、エントリーしてないんじゃ意味ないです。
起きていれば取れたと思いますが、実際は解りません。
メンタルが作用して別の事をしてる可能性もありますから。

 

トレードスルーもアウチですけど、その日は用事があったので、遅刻しそうで私用でもアウチって事でチャートの余韻に浸る事もなく出支度するのでした。。。遅刻して待たせる訳にはいきません。

このままではエントリーの解説ができませんので今回の事を反省しつつ、もし起きていたらどうなるか、この仮想トレードのその後を解説しておきます。

 

多分みなさんが一番知りたいのはここからの手順、エントリータイミングではないでしょうか。

それではいきます。

 

(気を取り直して)エントリーの時

スタートライン

 

起きていた場合、4時間後くらいに欧州時間に突入します。

 

ここからは比較的目が離せなくなります。

 

1時間足でセットしたMAでアラートが鳴るか、16時を過ぎた場合、15分足も見ます。

つまり、執行足に切り替えると言う事です。

 

スタートラインに立ち、

スターターピストルが鳴るのを待つような状態です。

 

下がその15分足です。

GBPUSD15m5

 

上図の真ん中あたりレンジ帯が、1時間足で例のWトップを付けた後、短期・長期のMAに挟まれていたところです。
(前回までを参照)

 

その後、一旦価格が上昇した後、目論見通り急降下しているのが解ると思いますが、

これを見てみなさんならどこでエントリーしたでしょうか。

私はどこでエントリーしたでしょうか。

 

下のチャートをご覧下さい。

 

GBPUSD15m7

 

ちょっと見辛いですが、説明の為に番号を振ってあります。

赤いラインはサポートライン(支持線)です。

 

ここからはエントリー解説になりますので、次回に集中して説明します。
次回までにどこでエントリーするのが良いか考えみてみるのも良いかもしれません。

この中に私がエントリーしたポイントがあります。

 

あなたなら、どこでエントリーしますか?

 

どこでエントリーできますか?

 

待つわ (あみん)

新品価格
¥150から
(2015/5/7 02:09時点)

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村