前回伝えた情報は悪

前回からの続きです

なぜこれらの話が参考にならないかというと、あなたと私の資金量も性格もライフスタイルも手法も感覚も違うからです。

1日数pipsの勝ちを狙った方が良い人もいますし、
一定額勝てばその月はトレードをストップするルールの人もいるでしょう。

スキャルパーなら1000pips以上は欲しいという人もいるでしょうし、一日一回のスキャルパーもいます。

HFTで数万pips/月取る手法もあれば
スワップアービのように、0pips/月で稼ぐ手法もあります。
どちらもアービトラージ系なのが面白いですね。

これらの組み合わせも無限です。

つまり他人のpipsは、参考に出来ないだけでなく、なるべくしない方が良いです。

5人のリーダー

pipsは自分を基準に横軸で比較する事で技術の成長を計る事には大きな意味があります。

ただし、比較対象を自分以外にすると無意味でなく危険です。

野球とサッカーの点数を比較しているような感じでしょうか。

ゴルフとボーリングとか、もう考え方や、向き不向き、時間帯、場所、なにもかも違います。

 

他人と比較して良いケースは、少なくとも同じロジックを使っている時です。
セミナーなどで単一の手法を使って、同じ資金、同じポジションサイズの場合に限られます。

どれか一つでも違っていれば、比べる意味はないでしょう。

つまり、pipsと同時に私の手法、資金量、性格、ライフスタイル、そして過去の成績をも理解しないと評価が難しいんです。

カーリングストーン

 

手法は個人にOptimization(最適化)されている

マット今井さん(いつのまにか議員さんですね)は「17年間で一度も負け越した年がない」というのが大きなキャッチフレーズになっていましたが、

裏を返せば、プロでも年トータルで負ける事があるという事ですね。

多くの初心者はマンガのような常勝無敗を夢見ますが、月単位で負けたとしてもむしろ腕利きのトップトレーダーな訳です。

私も今年、月単位では2回負けています。

また、私がFXを始めた頃、60万円の資金で、毎月20万円(月利33%)を3カ月連続で達成しましたが、3ヵ月後の資金総額は60万円のままでした。

なぜか?

単純に、毎月生活費に20万円必要だったからです。

この時私はFX以外に仕事をしておらず、収入は為替差益のみ。
pipsは、今よりは多かったと思います。

実家暮らしで月5万円しか使わない人なら、同じルールでも複利を利用して増やせたかもしれません。

しかし私はむしろ、次月も20万円以上勝たなければ、原資が減って翌月は同じ事をしても20万円稼ぐ事ができず、

一度でも利益が20万円を下回ると厳しい状況でした。

 

崖

生活のかかったギリギリのプレッシャーからメンタルも資金も続かず、手法を安定させる事は出来ませんでした。
(まあ、4ヶ月目からサブプライムローン問題にも突入するのですが。。。)

その後は派手に撤退しました(汗

 

この場合トレードというより月20万の生活費が問題ですよね。

何で一人暮らしで20万も生活費が必要なんだという疑問もあるかもしれません。

つまり、人それぞれ、抱えている環境や資金、それに合わせた手法が全く異なる為に、他人の成績と自分を比べると悪影響になるのです。

 

そのPIPSには意味がある

私の『獲得pipsの意味』まで説明する場合、手法や性格だけでなく貯金の額や、支出額まで言及する必要があると思ってます。

なぜそのpipsなのか?には総合的な理由があります。

スタイルや性格、必要性から導きだされたトレード手法によって必要(最適)なpipsがある筈ですよね。

私はネットビジネスをしようと思ってブログを始めた訳でないので、名前も顔も住所も非公開なんですが、

無料ツール公開してたら年収や貯金額まで晒すハメになったなんて事にはなりたくないので、そこまでの公開はできませんので悪しからずご了承頂ければと思います(汗
(そもそもそんな要望はないですが)

良い時だけ口座のスクリーンショット見せても意味ないですしね。

もちろん、

質問者の方は、FXへの向上心ゆえの質問だと思いますので、ご質問頂いた内容には全て回答させて頂きました。

私も、以前より安定して勝てるようになってきていますが、巷で謳わてれているような荒稼ぎしているトレーダーではありません。

また、もろもろの事情により資金が増えるスピードはかなり遅いです。

是非、私のpipsに目を向けるのでなく、その勝ち方、取り組み方、考え方を参考にして欲しいと思います。

実トレード解説記事などでpipsを見る時は、損益比率安全性などその他の項目を考慮して下さい。

 

私が伝えたいは、こうやって○○pipsとってますよ、とか、

こうすれば○○pipsくらいはとれますよ、とう事でなく、

 

根本的な、勝つ為の姿勢であったり、内面的なFXとの向き合い方です。

ほとんどの方は「手法を使う前に負けている」、とさえ言えます。

 

「お前はもう、死んでいる」

です。

 

 

日単位、週単位で、白星黒星の勝敗をつけるだけでも意味があります。

むしろ単純に考えた方がいいんです。

 

日々のトレード成績を単純化して評価するだけでも自信に繋がると思います。

週間-100pips負けていても、勝敗は3勝2敗(勝ち越し)だったら?

その逆は?

改善点や目標が見えてきますよね。

 

是非、自分オリジナルの自分に特化した評価方法、取り組み方を考えて欲しいと思います。

その為の提案や、努力をアシストするツールはメルマガでもどんどん差し上げますので、自分に合っているものをチョイスして利用して下さい。

営業成績トップ

 

長くなりましたが、以上、参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング