面倒臭い業者選び(FX)

FX歴も長いので、国内外問わず覚えきれない数の業者を試しました。
その中から私がメインで使用しているのはXM(Trade Forex)で、どの業者よりぶっちぎりで長く使っています。

今こそ急いで売買したいと思った時に限ってなぜか約定拒否が続くとか
逆指したときに限ってワンタッチして値が戻ってくるとか、
狙いもシナリオも合っているのに一瞬のスプレッド拡大で、利益が損失に変わるとか、

2013年の始め頃から愛用していますが、
そういう、アノマリー、ジンクス的なものも含めて、コレと言った不満や不信感を感じた事がありません。

二番目に長く使っていた国内業者でも、大体1年以内に変更していますから、気づいて見れば結構ズバ抜けています。
単に相性が良いだけなのかもしれませんが、かなり長い付き合いです。

 

ファイナンス

 

それまで使っていた業者が悪いという訳ではありませんが、他に良い業者が出てきて乗り換えるパターンが多く、定着しませんでした。
国内業者時代は、大手であっても監査が入って数ヶ月売買不可などのトラブルを3度経験してます。
提供するサービスが矛盾していたりなど、方針もぐちゃぐちゃなので、経験則と個人的見解であまり信用してないんです。

 

こういうブログをしているとブローカーのオススメを訊かれる事があります。

XMは、何かのついでに紹介・回答する事はありましたが、
真っ正面からご案内した事はなかったので、本格的なオススメページを作ろうと、、
と、、思いましたが、面倒なので辞めました。

 

どう考えても私が説明するより、本サイトの方が詳しいし見やすいです。
間違いも誤解もないので、間接的に伝えるより一番確かです。

Trade Forex (公式サイト)

といいますか本当に、全部書くのが面倒です。

 

そうは言っても不親切なので、詳細は公式サイトで確認して貰うとして、
あっちで語られないような視点のみ、こっちで列挙しておきます。

個人的な好みとか好意とか、気に入っている事ばかりになりますのでご了承ください。

 

「いい業者がない」「海外口座は心配」「比較して探すのが面倒」
と思っている人は永年使用者の感想として、参考になればと思います。

 

個人的にひいきしている理由

・ポイント制度

この「制度のあり方」自体が使いやすく、特に負けている初心者には多大な有利をもたらす
例:こつこつトレードして全額失った頃には、ポイントで元金同額くらい貯まっている、さらにこれを繰り返す

・マイクロ口座という選択肢

100円のリスクからトレードできる環境は珍しい
トレードに幅ができ、戦術の選択肢も増える、リスクコントロール幅(段階)が広がるので小資金しかないなら有利
初心者に特にオススメ

・ボーナス制度

ポイントと同類だが、入金ボーナスなど、少額資金で始める場合は圧倒的に得
(※現在はFinalCashBack経由だとボーナスが無くなるようなので注意)

・約定力(とサーバー強度)

約定拒否の記憶無し
スイスフランの一件以降サーバーも強化され、有事の際のフリーズもほぼ無くなった
他の海外業者は、約定拒否・フリーズともよくあった。単なる邪推だが、不信感が積もるとその業者を続けたくなくなる

・ウェビナー

ビデオでなく、リアルタイムセミナー
内容は本物なので、何かの塾にお金を出すより良いかもしれない
(塾の経験がないので比較はできない。けど恐らく。。)

・サポートがすごい

レスポンスが早く、丁寧。日本人による日本語の回答
国内業者も含めてココより良いと感じた事がない
永年使用者の私としてはもう問い合せる事はほぼ無いが、始めの頃は本当に助かった
ドキドキの私を安心感で包んでくれた。想えばこの時点で虜にされていたのかもしれない;

・スタッフが美人揃い

はっきり言ってトレードに影響しないが、なぜか元気がでる;
トレードで負けた時、オッサンより美人を見る方が良いに決まっている(オッサン談)
変な下心がある訳ではない。そう、決して無い。ないない。無いさ。有るわけない。少しだけさ。

・MT4をすぐにバージョンアップしない

バグが頻発する状態で即時ビルド更新してくる業者に比べて個人的に重宝

・危険日の連絡が超マメ

日本人が疎い海外休日や有事の際のお知らせメールが助かる
例えば、イギリス国民投票、”例の”スイスフランショック、などの時も、
プロの情報網で事前に段階的にお知らせが届くのでうっかり忘れて惨事になる事も防げる

 

・その他私が知らない事

無料参加で賞金の出るコンテスト、スプレッドゼロ口座、MT4以外でのトレード環境など、力を入れているサービスが他にもあるようですが、これらについては私は使っていないのでよく解りません。興味があれば調べてみて下さい。

 

懸念材料・注意点

英語やロシア語のメール一通で破産宣告されてどうにもならないケースもありますが、XMはこの点は問題ないでしょう。
日本人スタッフばかりで、かなり日本人顧客の体制に力を入れているようです。

ただし、懸念材料もあって、それは言わずもがな「海外業者」という事です。

国内業者はご存じの通りレバ25倍規制があり、海外業者にはこの規定が当てはまりません。
これを良しとしない当局が今後なんらかの改定や締め付けを行えば、海外業者を一網打尽にする事も可能です。

事実、ICmarketなどはその典型と言われています(真相はわかりません)
とは言っても、国内業者にそうしたリスクが無いと言うことも無く、

むしろ私の経験上、国内業者のトラブルの方が多いので、
同じリスクを負うなら、リターンの多い海外業者の方が得だという判断です。

完全にノーリスクな業者もないので、このあたりは予め把握して利用しましょう。
後で慌てても仕方ありません。私はもうこりごりです;

と、注意点はこれぐらいでしょうか。
少ないと思うかもしれませんが、そもそも注意点が多すぎたらオススメしませんし使ってないので必然です。

 

国内業者に比べスプレッドが広い、というのがありますが、、、
これは、まあ、国内業者が異常な訳だし、むしろそちらの方がヤバイと考えるので、私は懸念とは考えていません。

国内業者のそれは、いわゆる朝三暮四(よりひどいけど)のようなもので、ちょっと利用者をバカにし過ぎているように感じちゃいます。
賢い利用者が増えれば、今後は国内業者も海外業者のシステムに近づくんじゃないでしょうか。

 

参加者のほとんどが負けるFX。逆恨みも含め、僅かな不信感が悪印象を持ちやすい証券会社にあって、逆に感謝の念があるほどの業者はここだけです。
勝っているからそう思うだけと言われるかもしれませんが、勝ちやすいから続けているとも言えます。負けたとしても、次も入金しようと思える業者ですね。

念を押しますが、個人差はあると思うので必ず自分で判断してください。
合わないと思ったら使わなければ良いだけですが、口座開設は少し面倒ですからね。

 

以上、参考になればと思います。

FXmt Mt.more




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村