トレードは、アクションたれ。

 

(ブルゾンちえみ風ここから)

 

自分でトレードしている・・・って、、思ってない?

 

じゃあ、質問です。

 

相場(チャート)は誰が作っているでしょうか?

 

(ブルゾンちえみ風ここまで)

 

上から目線ですみません。(ブルゾンちえみ風だから許して)

問題提起と質問が少しズレている違和感は、最後まで読めば解決します。

 

サクセス

政府の陰謀が匂う・・・

 

ちょっと考えてみてください。

相場(チャート)は誰が動かしているでしょうか?

 

国策でしょうか?ヘッジファンドでしょうか?大衆?自分?イルミナティやフリーメイソンでしょうか?

 

最後の疑問については、私の命が危なくなるのでここでは言及できませんが、、、

 

 

チャートは大衆が作っている。

小幅な値動き

 

模範的回答で言うなら、”材料”をきっかけとして、大衆が反応する事でトレンドが始まり、それを見た大衆が追随してトレンドを強固にし、そのトレンドは”次の材料”まで続く

「材料」は、政策・選挙・事件・事故などに加え、チャートパターンそのものも材料になり得ます(メンタルとソロスの再帰性

 

つまり材料大衆のコラボでトレンドが作られ、トレンドが崩れる時もまた同じです。

材料には、望んでいる材料もあれば、望んでいない材料もあります。

 

 

自分も大衆の一部である。

人模様

「見ろ!人がゴミのようだ!」

ラピュタの名言(?)にこんなセリフがありますが、自分も大衆の一部ですよね。

 

つまり、自分もチャート制作作業に参加していると言えます。

とはいえ、太平洋の真ん中で、ミジンコが大失恋したくらいの影響力しかありません。

本人は悲惨な感覚でも、相場には波ひとつたちません。しかし参加しているのは事実です。

 

隣にも微生物は沢山いるので、赤潮が見えたりはします。

 

大衆はチャートを作っていない

協力

チャートは、”材料”をキッカケにした大衆が作っている、と言いましたが、実は正しい表現ではありません。

 

神の目線で見れば正しい表現ですが、

大衆目線で言うなら「作らされている」が、より正しい表現です。

 

作ろうとして作っている訳でなく、結果的に作っているか、意図せず作らされている、という感じですね。

これが大衆の現状です。

 

大衆はチャートを作らされている。

 

 

大衆から抜け出る

多数決

大衆は、勝者でしょうか?

 

ゼロサム理論でもパレートの法則でも、弱肉強食競争原理、においても、

勝者一部であり、その他大勢敗者であるのが常です。

 

ウォール街を占拠せよ(We are the 99%)や、「世界がもし100人の村だったら」も有名ですよね。

ですから、あなたが大衆の外に出なければ、敗者のカテゴリからも出られません。

 

あなたが、敗者でないのなら、同時に大衆でもない事を意味します。

 

前述の内容から、

敗者=大衆=作らされている

の等式があると考えれば、あなたはこのどれにも属さない事が必要です。

 

 

自分でトレードする-1

やる気がでない

あなたは自分でトレードしていますか?

 

投信している訳じゃない。

シグナル配信していない。

アナリストにも期待しない。

 

それでもあなたは自分でトレードしているとは言い切れません。

 

「間違いなく、自分の給料、自分の口座を使って、自分の意志で、自分の人差し指でクリックして、売買している」

と思っているかもしれませんが、この中にひとつだけ間違いがあります。

 

そう、お察しのとおり、「自分の意志」が問題です。

 

少し表現として解り辛いかも知れませんが、こういう事です。

大衆は敗者であり、敗者はチャートを作らされています。

 

チャートは、トレードの結果を表したものなので、

作らされたチャート=トレードさせられた結果 と同義です。

 

「トレードさせられている」のだから、「自分の意志」だと強弁できないでしょう。

 

 

自分でトレードする-2

CPU

43年間の生活の後脱北した川崎栄子さんは「北朝鮮の国民は、支配されていると感じていないのが実態」だと、TVで言っていました。

 

各自が自分の意志で生活していると信じていますし、本人がそういうのだから主観的にそれが正しいとも言えます。

生まれた時から国による監視が普通であれば、自由と支配をどう定義分けできるでしょうか。

 

トレード中の自分の心は、あるものに支配されています。

支配されている自覚があるかないかを訊いているのではなく、支配されている事実を述べているんです。

 

あるものとは、希望恐怖です。

欲望、の一言でも良いかもしれません。

 

 

アクションorリアクション?

ほとんどの敗者は、相場(チャート)に対してリアクションしているに過ぎず、

反応・反射してしまっている。行動させられている、という状態です。

自分の意志のようでいて、その実、動かされている。

 

自分の意志でトレードしているつもりでも、させられているだけです。

 

勝者は、動かされる事がなく、常に自分の意志のみで行動を決定します。

勝者だけが、アクションしているんです。

二人

勝者のアクションは周到な準備によって実現し一貫性があります。

敗者のリアクションは場当たり的無計画で無秩序です。

 

勝者のアクションが冷静な作業遂行であるのに対し、

敗者のリアクションはドッキドキのバックバクのワックワクです。

 

勝者だけが、アクションしているんです。

ここでは「アクション=計画の遂行」という意味であり、遂行には、怠らない観察が不可欠です。

 

まとめ

異端児

勿論、それでも負けます。

連続したトレード行為に含まれる一回あたりのトレードの勝敗はランダムに分布されます。

しかし、トレーダーたる”アクション”を続けた結果、大数の法則に基づき、回を重ねる毎に、より堅実な勝利が裏付けられていくのです。

 

ちなみに、「何もしないこと」も立派な「アクション」です。

不作為の実行」ですね。(ひとつの状況、ふたつの判断

 

 

 

自分でトレードしていますか?

チャートを作らされている内は、そうは言え無くないですか?

 

冒頭の質問の違和感を解決できたでしょうか。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。