頑張るな。

トレードは頑張ると負け易くなります。

 

トレード学習やスキルアップは頑張らないとダメですが、トレードそのものは、頑張り過ぎない方が良いです。

時間労働ではないので、無理して頑張っても勝利に直結しません。

 

相場は、人の集まりですが、海や山などの自然に良く例えられます。

雨乞いの為のダンスレッスンのように、トレーダーの頑張りや意気込みは相場にほとんど影響していません。

 

特に負けが込んでいる時の頑張りは逆効果で、連敗中は休む事が最善どころか、唯一の選択肢です。

頑張るなら、「頑張らない事」を頑張るべきです。

 

トレードは言わば、の行為であり、中毒性があるので、前傾姿勢の頑張りはポジポジ病を誘発します。

マーケットに分布するチャンスは限定的なので、同一期間内のトレード回数を増やすとハズレを引く確率が高くなります。

 

逆に言えば、適度に回数を絞るほど勝ちやすくなります。

初心者なら、

適度なトレード回数の判断は難しいですから、絞れば絞るほど勝ちやすい環境で戦う事ができます。

 

cc0160143038_TP_V

 

また、トレードは客観的分析が不可欠なのに、

頑張り過ぎる集中力は、視野を狭くし、投資家をバイアスの網に絡めて離しません。

 

俺が俺がの偏見に満ちたチャート分析になりやすく、相場の声が入ってこない状態を作るので、相場との距離を保つことが重要です。

ですから、トレード、特にチャート監視・環境認識の段階では、あまり頑張り過ぎない方が良いのです。
(エントリータイミング見極めの瞬間は、場合により結構集中します)

 

私のインジも、監視を頑張らない事に寄与しています。

 

怠けた方が勝てるか?

怠けるオス猫

頑張らない方が勝ちやすい、というと、

怠け者が勝てるような印象を持つかも知れませんが、違います。

トレード学習は、遮二無二頑張ってください。

 

誰よりも頑張っていると言えるほど、頑張ってください。

 

トレード学習は頑張りつつ、本番のトレードでは頑張らない事が重要です。
(この逆をやってしまう事が多い)

トレーニングしたら本番で頑張りたくなるのは当前ですが、こらえてください。

 

エントリーが目的でなく利益目的です。

エントリーは利益を得る手段に過ぎませんからトレードせずに利益があるなら、目的を果たせます。

 

それを実践するんです。
不作為の実行

 

 

 

と、言う事で、

頑張るな。頑張るなら、頑張った後に、頑張らないように、頑張れよ、

って事です。

(解りづらい;)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。