穴からでてくる

投資のには3つの”M”が必要と言われます。

  • Method
  • Money
  • Mental

つまり、手法・資金管理・メンタルです。

これはのつく基本事項ですので、もし知らなかったという人は、一旦相場からは離れた方が良いかもしれません。
キツイようですが、勉強不足と言わざるを得ません。
どちらにしろ即刻退場させられるのがオチです。

産まれてすぐに上下を指さして何か言えたような才能の持ち主なら別ですが、
そうでないならフリチンで深夜の2丁目を練り歩くようなもので、カモネギどころの話じゃありません。

始めたばかりの人は知らなくて当たり前ですし「3つのM」という言葉は知らなくてもこの3要素の重要性を知っていれば問題ないです。

 

どれが一番大事か

ところで、3つのどれが欠けても成り立ちませんが、どれが一番大事でしょうか?

これは、常勝トレーダー達でも意見が分かれると思います。

 3方向

私はズバリ、メンタルと答えます。

3つの中で一番習得が難しいのもメンタルです。
(道具・手法)にガソリン(資金管理・燃費)を入れて運転(コントロール)するのがドライバー(運転手・メンタル)って感じです。

手法はそこらで手に入りますし、資金管理の方法もいわば手法のようなもので、勉強すれば理解できると思います。
そもそも手法はシンプルな程良いです。

但しメンタルは、本能を覆す精神的な訓練と経験が必要です。

個人的に、資金管理は攻めの資金管理守りの資金管理に分けて考えた方が良いと思っています。
まずはとにかく資金管理、と言う人や、お金を増やす為にやるのだから資金管理が一番重要、と言う人もいます。
確かに賛成ですが、私の中での優先順位は

  1. メンタル
  2. 守りの資金管理
  3. 手法
  4. 攻めの資金管理

の順です。

メンタルそのものは別枠というか、資金も手法も扱う人のメンタルに左右されるので、根本的なものと考えてます。

守りの資金管理とは、いわゆる安全弁の事で、トレードならロスカットに相当します。
但し、トレード毎のポジションサイズの事だけを言うのでなく、月にいくらまで負けを許容するかといった戦略的な要素を含みます。
まだトレードで勝ち越せない人は、まず身の安全を確保しなければなりません。

これに対し攻めの資金管理というのは、利益を最大化する為のスパイスとか起爆剤と言えます。
従って期待値がプラスの手法を持っている事が前提条件です。
FXは特にこの部分が他の投資に比べて強いのでやり方次第で一気にお金が増えますが、同じだけ減る可能性があります。

 

理想は誰しも、資金の安全性を確保しながら最大限の利益を狙う事ですが、これら3つの事を細分化してくだけでも学ぶ事は膨大です。

体は1つしかありませんので、1つずつ順番にやる事です。

攻めの資金管理は、手法を磨いてからで良い事です。
むしろトレードの基盤が出来ていない状態での攻めの資金管理は損失を加速します。

その手法を身につける前に、守りの資金管理が出来ていなければトレードどころではありません。
先ずは安全策を確保してから手法を構築しましょう。

そして、これら全てを一貫して続けるにはメンタルが必要です。
常に全ての行動に対して自分の感情に気を配って観察する必要があります。

優秀な手法も優れた資金管理も、守れなければ絵に描いた餅です。

 

但しここで上げた優先順位はあくまで私個人の感覚です。

要は、自分に一番足りていない事が優先課題かと思います。

元々メンタルが強い人は一番後回しで良いかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。