個人の発言1

2社以上のMT4を同じ様に使う

ほとんどの方は複数のブローカーで口座開設した事があると思います。

MT4対応であれば、ブローカーを変えても同じ環境でトレードが出来るのでとても助かります。

ただ、それぞれのMT4にインジやEAを入れる必要がある為、若干管理が面倒です。
また、新しいMT4を導入した場合も、環境を合わせるのに手間がかかります。
これがネックで新しいMT4の導入をためらわれる場合もあるでしょう。

今回は、複数のMT4のインジケーターやチャート設定(テンプレート)を同期する方法を紹介します。
正確には共有と言った方が正しいですが、同期の方がイメージが解り易いと思いまして。

MT4を別々に管理する必要がなくなるので非常に便利になります。

複数のMT4を使っている方は、是非ご参考下さい。

 

具体的手順

手順は恐ろしく簡単で、

右クリックしながらフォルダを移動させる

だけです。

 

但しこの動作には、EXPLZH(無料)が必要ですので、お持ちでない方は先にインストールしておいて下さい。
*+Lhaca、Lhaplus同様の圧縮ソフトです。

EXPLZHをインストールしたら特に設定は必要ありません。
ダウンロード後解凍してPCにインストールしているだけでOKです。

以下詳しく説明していきます。

初心者の方へ:フォルダ構造の認知

どのMT4も同じフォルダ構造ですので、MT4をインストールした分だけ同じ内容のフォルダが存在しています。
(業者名のフォルダ以下)

mt4フォルダ1

例えば、インジを入れる「Indicators」というフォルダは、全てのMT4のMQL4というフォルダの中にありますよね。
全てのMT4に新しいインジを導入する場合、本来は全てのIndicatorsフォルダに入れなければいけません。
削除や変更も同じです。

毎回それぞれのMT4を変更するのは面倒ですので、どのMT4を使っても全てのMT4に変更を反映させたい訳です。
クラウドの仕組みと同じで、1つのフォルダを複数のMT4で共有して使う感じです。

シンボリックリンクによる共有

Indicatorsフォルダだけを共有しても良いですが、せっかくなのでその上のディレクトリのMQL4フォルダからゴッソリ共有する事にします。

mt4フォルダ

仮に、A、B、C、三社のMT4を使っている場合で、AのMQL4フォルダを全てのMT4で使用(共有)するとします。

A以外のMQL4フォルダは不要になるので、削除します。
(削除するのが不安な場合はフォルダ名を変えて保存するか別の場所にバックアップして下さい)

次に、A社フォルダ内のMQL4フォルダを『右クリックしながらドラッグ』し、B社フォルダに移動させます。
(先ほど削除したMQL4フォルダがあった場所です)

右クリックを離すとメニューが表示されるので「シンボリックリンクをここに作成」選択します。

 シンボリック作成

ショートカットのマークの付いたフォルダが生成されれば、完了です。

同じ手順でC社のフォルダにもシンボリックリンクを作成します。
これでMQL4フォルダ以下のファイルは、どのMT4を使用してもAのフォルダが適用(共有)されます。

その他のフォルダ

必要に応じてその他のフォルダなども作成しておくと便利です。

mt4フォルダ2

MT4を導入する度に、同じwavファイルが増えていくのも余計です。
・profiles→現在開いているチャートやライン。
・Sounds→アラート音などMT4上で使用される音源
templates→チャート設定のテンプレート保存用。

同期させたくないフォルダもあると思うので、必要なものだけ選んで同期すると良いでしょう。
(消したくないフィルやフォルダはバックアップしておいて下さい!)

 

その他の方法

グーグルで検索すると

ジャンクション機能を利用して…、コマンドプロンプトに「mklink」と・・・Linaxだと・・・、うんたらかんたら・・・と容赦ない説明が飛び交っていますが、個人的には上の方法が一番簡単だと思います。

PCは詳しくないですがトレード同様、簡単な事を求めていたらこの方法に辿り着きましたw

心配な方は念の為まるまるバックアップをとっておいて下さい。
最悪でも、MT4自体は何度もインストールできますけどね。

doropbox、ShgarSync、などのクラウドで共有する事でも出来るようです。
こちらは、自宅以外のPCからも同じ環境が使えるので、ネカフェや出張先で画面を見たい方に重宝しそうです。

今から海外口座を追加する時はキャッシュバックを忘れずに。
既にキャッシュバックなしで運用中でも追加口座開設で今からでも権利が得られるブローカーもあるようです。

以上、参考になれば幸いです。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。