利益を強制するしくみ(ProEX機能検証)

 

前回(「生き残りを自動化」する方法お伝えした、機能検証について一部の結果事例をおさらいも兼ねて説明します。

 

(ポジションの動きをイメージしやすいようにProTradeViewでトレード結果を投錨しています)

 

まとめ

エントリー時点で、

「SL、SL移動、TP」の3点を、予め決め自動化する。

(通常SL・TPしか指定できない)

 

これにより

建値を自動で担保する環境(しくみ)が得られる為、生き残りと利益を強制させる機会が増える

 

 

拡張決済
ProEX demo
ProEX demo | fx-on.com

※ProEXはメルマガ読者限定公開であり、現在一般公開していませんが、ProEXdemoはフリーで使用できます
※ProEXはEA(エキスパートアドバイザー)です[MT4]EAの入れ方と注意点

 

Verは1.06→2.00となります。

ヘルプページは順次変更予定ですが、全項目が即時更新とならないケースはご了承頂ければと思います。

記事が良かった/役に立ったと思った時に
以下のクリックで応援して頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。





コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。