前回までのお話
FX・メンタルの重要性

 

FXでメンタルはべらぼうに大事。

メンタルとは感情。

 

ロジック(手法)と違い、

メンタルはどのようの学び、

強化すれば良いか。

 

どんな事にも動じない菩薩のようなメンタルを養うにはどうすれば良いか。

 

自己規律はどうやって守るのか。

 

再帰性2

人は渦中に入ると冷静でいられない。

当事者でなけば冷静でいられる。

 

貴方が渦中にいる『現実』は、
あなた自信が想像によって作り出した本来とは別の
『新たな現実』であった。

 

あなたの『想像』によって作られた『新たな現実』
は紛れもなくこれからの『現実』になるが、

この現実に対してもあなたは誤った反応(想像)をし、
更に『新たな現実』を作っていく。

 

こうした連続性を理解する事で、

あなたは『客観的』にこのループ構造を眺める事ができる。

 

『客観的』に眺める事で渦中の当事者から抜けだし、

第三者として『冷静』になれる。

 再帰性ループと客観性

しかし、この『ループから抜け出す考え方』そのものが、
『想像の中』の出来事であり、
実際には抜け出せていない。

 

ループ構造の中にいる”当事者”(あなたと相手)が、
永久に気付く事が出来ないのと同様に、

『想像の中』以外では
しょせんループから抜け出す事は出来ないのでしょうか。

 

だとすると、机上の理論でしかなく、

『現実』の渦中で冷静になる事は不可能でしょうか。

 

答えはイエスでありノーなのですが、

 

 

 下の図を見て下さい。

ループ抜け出し

ループ構造で連続生成される現実を、

第三者として眺める貴方がいます。

これを発展させると、

それを見つめる貴方も可能です。

この時、ループ構造を眺める貴方(右の黒の人)の、
”ループ世界に対する葛藤”は、
元々の『二人の喧嘩』の状況に似ています。

相互に影響して、
新たな現実を生み出す事になり、
生み出された”新事実”によって更なる現実が作られていきます。
(再帰性)

 

↓この二つは似ている。
ループ世界再帰ループ

 

この想像によって、
もはやあなたは完全に最初の(喧嘩)のループから抜け出し、
それを超越した場所にいる事ができます。

 

しかし、このこと自体が『想像の中』の出来事でしかありません。

 

やはり現実にループを抜ける事は不可能でしょうか。

 

しょせん、『想像』でしか成し得ず、

現実には不可能でしょうか。

 

安心して下さい、これ以上ループの図は増やしません。

 

ここで思い出して下さい、

『想像』が『新たな現実を作る』のでした。

 

つまり、あなたの想像によって

ループを抜け出したという”新たな現実”』が作られました。

 

ループの中にいて、

ループを抜け出す構造がここにあります。

 

ループするからこそ抜け出せるのであり、

ループしていなければ抜け出せないとも言えます。

 

そろそろ私の頭からも煙が出てきました。

 

このヒッチコックも泣いて謝りそうなトワイライトな話は、
まあ、想像上のお遊びでありながら、
現実のイメージトレーニングです。

 

次回はいよいよ核心(【FX】メンタルとソロスの再帰性4(おわり))に迫ります。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村