「JPN_Time_SubZero」と「アラート×メール×トレンドライン」同時使用の注意点

 

「JPN_Time_SubZero」使用時、動作が遅くなる場合の対処策を挙げておきます。

 

方法①
「アラート×メール×トレンドライン」を同時に使う時は「JPN_Time_SubZero」側グリッド表示falseにする。

方法②
「JPN_Time_SubZeroV」を使う。

 

 

なぜか「JPN_Time_SubZero」でグリッド(縦線)の描写にTrendlineを(縦に)使用している為、
当インジが誤ってこのトレンドラインを読み込んでしまう事が原因で、正しく機能していませんでした。

そしてこのグリッドは数百~数千程描写されているので、共存可能にしただけではダメで、処理に時間が掛る事があります。

そこで「JPN_Time_SubZero」のプログラムで縦線描写に使用しているTrendlineを従来の目的通りVerticallineに修正した「JPN_Time_SubZeroVを作ったところ、問題なく稼働しました。
修正したのはこの1単語のみです。

現在私は「JPN_Time_SubZero」を常用していませんが、正しく動作しているようでしたので問題ないと思います。

JPN_Time_SubZeroVは↓からダウンロードできます。

 

 

「JPN_Time_SubZero」のグリッド表示をfalseにして使えば問題ありませんが、どうしてもグリッドを表示させたまま「アラート×メール×トレンドライン」も使用したいという方は、「JPN_Time_SubZeroV」をご使用下さい。
もちろん、自分で修正出来る場合は、直接修正してもOKです。

 

その他のインジとの相性

今回は本来、トレンドラインと関係のないツールに思えたので余計に解りつらかったのですが、
同じ理由で、トレンドラインを使用する他のインジとは相性が悪い事が考えられます。

他社のライン描写系を使う場合は、プログラムが競合する可能性があるので注意が必要です。

 

明らかに当インジが原因と思われる不具合については下記よりお問い合わせ下さい。

↓ ↓ ↓

不具合報告掲示板




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。