何を基準にエグジットしているでしょうか。

 

高値安値、重要なライン、MAなどの指標、時間、損益比率、これらの相場環境はもちろん重要ですが、忘れていけないが自己環境です。

 

自分都合でなく、相場都合でトレードしなければならいと良く言われますが、もちろん正解です。

ではなぜ自己都合も必要かというと、自己環境が悪いと、相場環境が良くても負ける事が多くあるからです。

 

相場にアノマリーがあるように、自分自身にもアノマリーのようなものがあります。

例えば○曜日は勝ち易いとか、連敗すると続くとか、月初に勝つと調子が良いとかもあります。

ジンクスやゲン担ぎのように思って、理論的でない、と一蹴してしまう人がいますが大きな間違いです。

 

集中するビジネスマン

 

これも理論的背景があって出た結果です。

曜日毎にボラティリティーが違うので、自分の手法に合っている時いない時があります。

初心者は、連敗すると無意識に判断力に影響するので、ほぼ間違いなく平常時と同じトレードは出来ていません。

月初に勝てばゆとりが出来るので、落ち付いて次のチャンスを待つ事ができます。

 

ただし、これらは性格にもよるので、勝った後の方が負けやすい人もいるでしょう。

だから、自己環境です。

 

他にも、疲れている週末に負けやすいとか、飲んだ次の日はよく負けるとか、空腹や満腹の時に負けるとか、いくらでも考えられます。

ガンガンにスポーツしてゼーゼー言ってる時にトレードして見て下さい。

「もういいやっ」って適当にトレードするかもしれませんw

 

試しに、ひとつの手法を使って過去検証して成績を出し、一週間後にもう一度同じ期間のバックテストを行って見て下さい。

 

経験があるかもしれませんが、同じ結果にならない筈です。

期間が長いほどその差は大きくなります。

 

それほど、その時の気分や体調で判断は変わってしまうのです。

まして、自らの資産をリスクに晒すリアルトレードで、刻々と変化するチャートを前に、精神や体力が疲弊した状態で挑めばより顕著です。

 

このような自分自身のトリガーを知っておかなければいけません。

これは、意外に盲点で、多くの人が相場・チャートに目を奪われ過ぎ、自分自身が見えていません。

 

もし、あなたの後ろに、敏腕トレーダーが腕組みしてあなたを監視していたら、何と言うでしょうか。

チャート分析のアドバイスもそうですが、熱くなったり、落ち込んだりしたあなたに対してきっと「ポジションを手仕舞ってしばらく席を外せ」というでしょう。

 

ディーリングルームでは、3連敗したらペナルティーボックス行きとか、○○pips負けたらその月はトレード出来ないとか、さまざまなルールがあります。

これらは、相場環境でなく、トレーダーの成績、つまり自己環境を重視し、安全を確保しているのです。

プロが、そうしているのです。

 

個人投機家は、誰にも邪魔されない反面、誰も注意してくれません。

 

ちなみに、連敗や身体的疲弊でなく、超ハッピーな時も注意が必要です。

ボーナスが出たとか、あの子とデートできたとか、飛び上がるほど嬉しい事があった時などです。

 

はっきり言って、調子ぶっこいてますから、トレードもムチャしがちです。
(別にひがんで言っている訳ではありませんよ)

有頂天ってヤツです。

 

アンバランス

 

ガンガンにセックスしてゼーゼー言ってる時にトレードして見て下さい。

「もういいやっ」って二度目の早打ちです。

我慢もへったくれもありません。

 

まあ、自分で気づける程の疲れの時は大丈夫だと思いますが、トレード中は体力も使わないし気づかない事がほとんどです。

結局また、チャートに答えを求めてしまうんですが、、

 

投打もと暗し

負る理由は、テクニカル判断だけではないと言う事です。

 

「自分自身」をチャートにしたら、今はどんな状態でしょうか?

トレードする時、しない時、それは相場環境だけではないのです。

 

相場は動いていなくても、自分が動いていたら、相場も動いて見えるものです。

 

こういう視野ももっておくと、改善の幅が広がるのではないでしょうか。

 

エグジットに考慮する事、の話のつもりでしたが、トレード全般の話になっちゃいました。

スミマセン。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。