投資にはどれぐらいの資金があった方が良いでしょうか?

「資金さえあれば勝てる」と息巻く初心者の言う事は無視して、投資金額の最適な絶対値というものはありません。

特に初心者にとっては、多ければ良いというものでもありません。

クレジットカード

いくらから投資可能か?

といえば、1万円で良いです。

 

ひとむかし前の株などは単元の低い低位株か、ミニ株、若しくはジャンク株といったように、資金に応じて既に買える株がスクリーニングされしまって、小資金では選択肢が狭まるので不利でした。

ある程度まとまった資金がないと旨みがありませんでしたね。

ドルコスト平均法などの積み増し方法もありますが、資金難でやるというよりあれは時間の分投資ですからね。

 

しかし、FXでは海外口座を利用すれば、1万円でも1000円でも投資が可能です。

国内業者なら少なくとも10万円は欲しいところですが、5万円程度からでも充分可能です。

BO(バイナリーオプション)なら数百円からできるところもあります。

 

現在はネコも杓子もトレードに参戦できる出来る状態で、ほぼ全ての人にとって、準備資金の壁はありません。

つまり、誰もが、自分に最適な投資金額を設定して参入できます。

 

本当に良い時代になりました。

誰にでもチャンスは開かれています。

 

資金は多くなければいけないとか、少ないと意味がないという事はありませんので、どんな額でもプロと同じフィールでトレードを学ぶ(実践する)事ができます。

無理のない範囲で、毎月一定額を決めて投資金に回すのが良いと思いますが、毎月給料の○%を投資に回という考えも良いと思います。

100円玉

「投資」という事であれば、時間経費「投資」です。

1万円でトレードするのも投資ですが、3000円の書籍を買うのも投資です。

 

食費などの消耗品、家賃などのランニングコスト、遊戯費などの浪費の額を決めているのに、自己投資の額を決めていない人が多いように思います。

若いうちは給料の1割を本代に使え、なんて事も言われますが、この自己投資は10年後に何倍にもなって返ってきます。

 

まだまだ負けている内は、1回のトレードに3000円投資するより、トレード書籍や学習に投資した方がリターンが大きいといえます。

この辺りの損益感覚もトレーダー視点が必要ですね。

 

結局、トレードは「交換」ですから、リスクリワードの良いトレードなら、額はいくらでも良いと言えます。
(そうは言ってもあるに越した事は無いんですけどね、汗)

 

トレードの腕は、資金が少ない事を言い訳には出来ませんよ。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村