誰が見ても解る相場

テーキが、ジュージュー音を立てて焼かれていたら、誰が見ても美味しそうですよね。

カモが自分で、畑のネギを刈り集めて収穫しているのを見かけたら、「え、いいんですか?」と思いますよね。

「それじゃ、お言葉に甘えて・・・」と。

 

ですが、キーボードの上に、誰かのウ○コがあったら、デンジャラスですよね。

トラウマを残すほどの出来事だと思います。

 

このように、
(どのように?)

 

誰が見ても明らかな相場というのは存在します。

そこだけやっていれば、当然勝率は上がります。

 

ですが、物事はそう単純ではありません。

本質を理解していないと、このあからさまな好機でさえ、何度やっても負け始めます。

 

 

誰もが何度も勝てる。だから相場は難しい

勝ちや負けは、結果であって「正しさ」ではないので、負けているから間違ったトレードをしているとは言えません。

同様に、勝っていても過っている事があります。

 

今日や明日勝つのが目的でなく、継続した収益を得るのが目的ですから、今日明日の勝敗では評価できません。

 

本質を悟らぬまま勝利する事は、半ば朝三暮四にも似ていて、目の前の利益を重視して、将来の利益を軽視しているように見えます。

心理学で言う割引率は、直近の未来ほど価値が高く、先の未来になるほど価値が低くなる事をいいます。

 

例えば、

A・今すぐ10,000円貰う

B・1年後に11,000円貰う

どちらを選びますか?

 

多くの人はAを選びます。

11000円より、10000円を選ぶんです。

 

人は目先の利益の方が好きなのです。

それが悪いと言っているのでなく、「多くの人は(自分も)そうであることを、知っておく事が重要だと思います。

 

つまり、大衆はそのように行動することが多いし、そのように行動した結果、負けている人が多い。

という事です。

 

そして、自分も(みんなも)、放っておけば、そのような行動をとるものなのだ(とりやすい)、とメタ認知する必要があります。

平たく言えば、客観性です。

 

 

 

冒頭のウ○コの話に戻します。

(戻すんかい;)

 

相場の世界では、この「明らかな危険」が、実はあまり気づかれません。

気づかれないどころか、自ら顔を突っ込んでいきます。

 

端から見るとデンジャラスを通り越して、恐怖さえ感じる画づらですが、

何せ本人にはステーキに見えているというから、二度、驚きです。

そういう私も、良く飛びついてました(ナイショですよ)

 

 

この状態に多いのは、特に中級者です。

初級者も気づけませんが、この場合はどこもかしこも危険に見ている(平等に見ている)ので、実は中級者よりマシな状態だと言えます。

つまり、初心者の方が勝ち易いです。中級者の方がタチ悪いです。

 

なぜ中級者は気づけないかというと、目が曇っているからです。

なぜ目が曇ってしまうかというと、何も知らない初心者の内に勝ってしまうからです。

 

ですから

 

「初級者」が、

初めから負け続ければ、そのまま退場

(何も理解せず)勝ち続けても、中級者になって負けが加速して、やっぱり退場

(理解していても)負け続けると、資金枯渇でこれまた退場

 

悲惨すぎます。

誰も生き残っていないように思えますが、一人、生き残りがいます。

(あらゆる生命体は絶滅したかに見えた。が、人類は死滅していなかった、風に。)

 

それは、理解して、且つ、負けなかった人です。

 

無意味な勝ちを連続して、一時の利益の味に溺れてしまうと、バイアス・先入観が先に立って相場をゆがめて見させます。

これを重ねると、経験を積む程深みにハマり、そこから抜け出す為に力を入れて、余計にドロ沼に埋まっていく、必殺マッチポンプが完成します。

 

まさに「必殺」。自分の意思とは関係なく、負ける方向に足が動いてしまうのです。

(おまえは、もう、。。。)

 

と、また話が長くなりましたが、

今回はそんな、「誰が見ても解るオイシイ相場」と、「その危険性」について、実践トレードを通じて話しました。

参考になればと思います。

 

 

 

※「ポン$その後」とありますが、前編は一部の方への限定公開です。本動画の重要性には影響しませんのでご了承下さい。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村