アラートツールを用いたトレード成果調査

年末という事もあり、継続調査しているアンケートの追加分を含めて集計し直してグラフ化しました。

※調査:googleツール, グラフ作成:excel

 

注意事情

当調査の回答者はいかなる利益提供も受けておらず当方からも一切利益提示・提供をしておりません。
特定の回答者を優遇する措置を取っていない為、公正性・信憑性が高くなります。
回答は利用者のみによって行われています。

また、同じ比重、同じ項目にて、デメリット面を同等に調査する事で、総合的な優劣を視覚化可能にしました。
これにより、その比重からツールの確実な有益性(プラス作用)を確認できますが、
全ての方に作者或いは利用者同等の利益を保証するものではありません。予めご了承願います。

 

四の五の言っても、結果が全て。。

トレード好きは、データ好きも多いと思いますが、私もその一人です。

ただし、データとは結果であり、善悪では無い点に注意が必要です。

 
 
データ 【data】
  • それをもとにして、推理し結論を導き出す、または行動を決定するための事実。資料。
  • 物事の推論の基礎となる事実。また、参考となる資料・情報。

goo国語辞典抜粋

 

データは、上記定義のように、行動を決定する為の事実資料に過ぎません。

これはデジタル要素に限らず、例えば「努力した」というアナログ的要素(結果)も、金銭的な利益の有無に関わらず評価されるべきです。

 

しかし、全ての施策(努力)が報われているとは限らない為、結果の検証が必要です。

 

良い事は続け、そうでない事は改善すべきです。確認しなければ無駄な努力を続ける可能性が高くなるので、

その判断の為に、結果検証が必要という事です。

 

カテゴリー別改善項目内訳

アンケートは若干の違いはあるものの、前回数値をほぼ継承する結果となりました。

回答数は前回の1.3倍強となっています。

 

自己規律が改善するツールはあり得るか

 

”過去検証(バックテスト)”は、手法の検証・模擬トレードの結果を指しますが、

対して、ここでの検証は、ツールの、トレードに対する影響 の調査です。

 

ネット上で公開されているツールの機能については、

提供前の説明はあっても、提供後の効果検証を行うツールはほとんどありませんが、

これは、十人十色のトレーダーの、個別に対するの優位性を評価するのが難しく、仮に実施してもほぼ無意味と言えるからだと思います。

 

FX業界では特にそれが顕著です。

労力を使わないマルチタスク

例えば、勝っている販売者が良いと言えば良いのであり、初心者はそれを信じるしかなく、使ってみるしかありません。

仮に効果があっても無くても、偶然性を否定できませんし、その逆もあります。

 

しかし、本件の様なツールであれば、利用後実状調査により客観的検証ができる筈です。

ただし、調査結果が『良い51%:悪い49%』など、僅差だった場合、やはり信用に足るデータとは言いづらいです。

ほぼ誤差ですし、五分五分ですから。。

 

ということで、

 

1・特定の結果へ誘導しない公平なアンケートの場を設けて、自由参加とし、

2・複数利用者実状を調査した上で、

かつ、

3・極端優位差を確認できれば、

 

流石に信頼性が高い筈です。

(これでも完璧にはならないと思いますが、少なくとも劣等性を示そうとすれば矛盾します)

 

表面化されてなかった損失の顕在化

 

 

 

悪化項目もある。これも結果。。

※当アンケートはデメリットについても等しく回答頂いています。

※改善項目・悪化項目共複数回答可の為、改善:悪化で数値は一致しません。「改善」と「悪化」の差、が平均的効果と言えます。

※例:一人の回答が「利益性-1、勝率+1,機会損失回避+1,利便性+1」の場合、悪化項目を改善項目が上回る。悪化項目だけを挙げた回答者はいません。

 

アンケートの目的は、

1・使用による効果の検証、及び、トレードへ実際に影響があるかどうかの事実調査・確認

2・1を、開発者の主観・主張でなく、不特定多数の実践者による客観的評価を得る事で、効果の信頼性を高める

3・2を元に改善及び強化に繋げる

なので、

 

アンケートの公開自体は目的でなく、インジ改善強化が目的です。

ですが、2の客観性を維持する為、一般公開しています。

 

データの信憑性

googleツールを利用しデータ公開している為、ソースは誰でも確認でき、公開における、水増し操作等の心配がありません。

(ブラックボックスでない手段を利用し、一方的な情報開示でない)

(「良い回答に抽選で○○プレゼント」等の条件が無く、正しい意見を得られやすい)

 

作者の偏向性

ご存知の方も多いと思いますが、

私は自作ツールを溺愛しており、我が子の様に愛着があり、あからさまに評価がひいき的です。

 

これは自身のトレードが改善した事実からくる自信と信頼からですが、この「自画自賛」を全く問題とは思っていません。

むしろ「手前味噌」は、ウマイ(と自画自賛している)から渡すのであり、「他人にはマズイかも?」と思っていたら勧めません。

 

とは言え、

流石に主張だけだと、勘違いヤローの可能性が高くなるので、利用者のアンケートを設けました。

 

結果、私自身にとっては想定どおりの結果であるものの、多くの参考になるご意見を同時に頂けました。

 

お礼

アンケートにご参加頂いた方々につきましては、改めてお礼申し上げます。

ありがとうございます。

 

追伸

ツールの主機能は全て無料で使えます

私自身の成績が飛躍したインジは、現在の無料版より機能の少ないものでした。

無料版で充分な効果があると思います。

リスクは無いのでよければご利用下さい。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。