方向とタイミング

トレードにはトレンド方向の認識が欠かせません。

しかし方向が解っていても、タイミングが悪いと、上昇トレンド中にロングで入って負ける事になります。

 

これだけは避けたいですよね。

 

例えば、あなたの奥さんや彼女が、どんなにあなたの事を好きでいてくれても、

彼女の機嫌が悪い時に「リモコンとって」と言っただけで「は?自分で取れば?」となるのと一緒です。

 

タイミングが悪いのです。

 

これだけは避けたいですよね。

 

つまり、どの方向(ブル・ベア)へ、いつ入るか、までが重要です。

結局、どこで買ってどこで売るかで勝敗が決まります。

 

 

財政危機

 

相場のタイミング・自分のタイミング

兼業トレーダーは、四六時中チャートを監視出来ません。
パソコンを見た時にはエントリーポイント後だったという事も少なくないでしょう。

深夜寝ている間に来たポイントなら諦めも付きますが、チャートを開いた瞬間、タッチの差でタイミングが過ぎていたらどうでしょうか?

 

こういう時こそ冷静にならなければいけません。
タイミングが過ぎたら、タイミングではありません。

深夜だろうと10分前だろうと同じです。
もうそこは買ポイントではないのです。

 

もちろん全てにおいて当て嵌る訳ではなく、遅れてエントリーして良い場面もあります。

但しここで注意して欲しいのは、その局面とは”価格”ではないと言う事です。

 

鉄板ポイント・リターンズ

価格では無いというのはどういう事かというと

例えば、環境認識後売りタイミングを狙っていたとします。

 

その後用事があって相場を監視できませんでした。
用事を済ませてチャートを広げると、ずっと待っていた鉄板大チャンスのパターンが30分前に出現した後でした。

狙いどおりエントリー出来ていれば順行している状況です。

 

悔しい!

 

利食いポイントまではまだ達していないものの、描いたシナリオ通りに動いています。

「見てない時に限ってチャンス来てるよ・・・」

途方に暮れて天井を眺めていると、その更に30分後、運良く先ほどのパターンの時と同じ価格まで戻ってきました!

 

これこそ神の恵み!

入り逃したポイントと同じ価格で入れる大チャンス!

ここでエントリーすれば鉄板パターンで入ったのと同じ事
損益比率も問題ない!

この機を逃さず、ノータイムでエントリー!

 

ダメです!

こんな事をしては。

 

エントリーしたかった鉄板パターンのタイミングの価格に戻したからといって、エントリーできる訳ではありません。

ここでは、価格が戻すまでの動き(プライスアクション)も重要です。

 

もし、始めにエントリーしていれば「利食いの価格まで順行」した後に、元の価格に戻してきたのなら、すでに1トレード分終わっているとも言えます。

 

 

もちろんエントリーして良いケースもあるので表現が難しいのですが、

これはいわゆる、値ごろ感のトレードに近いエントリーですので、もしエントリーする時は、本来の手法とは別の手法だと考え下さい。

 

ショッピングカート

 

チャートは二次元情報

更に忘れていけないのは時間情報です。

チャートは縦も横も考慮します。

 

縦軸が同じだけでは売買の根拠としては薄くなります。

 

価格だけを見てエントリーする方法も間違いではないですが、私の場合は価格と時間・足型を重視します。

(※いつ、どこで、どのように入るか)
(※「何を」「どれぐらい」は通貨ペア・ロットになりますね)

 

もちろんその他上位足の環境も必要です。

いくら同じレートに戻っても、その他の環境が合わなければトレードする事はできません。

 

MAを使う手法なら1時間前とは、MAの位置も乖離も変わっているでしょう。

価格が同じでも同じ状況ではありません。

 

ただし、二段底ダブルトップに代表されるように、初めから二度目を見据えて行う方法もあります。

この場合は、二度目だからこそ有効な戦術です。

 

同じ価格でエントリーするとしても、自分がどの手法でエントリーしているのか理解した上で入るようにしましょう。

理解できないうちは、残念ですが、一度見逃したエントリーポイントには仮に価格が戻しても食いつかない方が良いでしょう。

悪癖になりやすいです。

 

一番良くないのは、「エントリー出来なかった」と悔やむ事です。

そんな事は日常茶飯事です。

 

この悔しい気持ちは溜まっていくと、次のエントリーに影響し、結果、トレード全般に悪影響を及ぼすウィルスのような働きをします。

少しでも悔しさを感じたら、

トレードしたくて堪らないポジポジ病の初期症状ですので、早めに薬を飲んで寝ましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村