具体的数値目標は立てるな

個人トレーダー的目標設定

利益額は目標にしない

正月というだけでやる気が出ますよね。

このテンションに乗じて崇高な目標を立てるのは良い事ですが、ことトレードに関してはなるべく利益の数値目標は避けた方が賢明です。

具体数値は、達成・不達成が明確になるので一般的な仕事を評価する上では都合が良いですが、初心者トレーダーにとってはになりやすいです。

初心者の利益目標は、ともすると相場の決めつけになりかねませんし、目標達成の為に無理なトレードをしがちです。

 

勝てている人が、前年の数値を元にある程度の見込み益を想定するのは良いですが、負けている段階で利益数値を決めるべきはないでしょう。

もしまだ負けている人が数値目標を挙げるとすれば、プラスマイナスゼロ~+1pips、が良いでしょう。

それ以上の利益目標は、成績がプラスになってから考えれば良い事です。

 

行動目標を立てる

トレードの不確実性

誰が行っても、一回当たりのトレード成果は常に不確実なので、その損益を評価してもほぼ無意味です。

結果に関わらず、正しい行動を取り続ける事が大切です。

 

損益でなく、行動を具体的詳細に決め実行する癖を付けると良いでしょう。

初心者にとって、そのトレードがプラスで終了したかマイナスで終了したかに関わらず「予定通りに行動したか」が最も重要です。

 

己の確実性

仮に予め決めておいた行動がトレード中に間違いで有る事に気付いたとしても、そのトレード中は予定通りに行動し次回から改変する位の気持ちが必要です。

こうする事で感情に左右されない規律性が養われます。

 

確実なモノは、相場でなく自分の行動だけなのだから利益目標でなく行動目標が良いという事。

 

投資脳を育む

本格的にトレード力を養いたいなら、普段の生活から気をつける必要があります。

 

日常に潜む リスクリワード・ジャッジメント

日頃からトレーダーらしく決断する癖をつけましょう。

 

私は自己成長に繋がるモノや生活(時間)を豊かにするモノへの出費は極力惜しまない様に心がけています。

書籍代をケチって飲み代を即払いでは成長を避けているも同然です。

 

私が昔やっていたように食費を削ってまでトレードに充てる必要はありませんが、例えば毎日晩酌しているなら、その晩酌代でトレードしてみるのも良いでしょう。

 

現代は少額からトレードできるので、タバコや甘いモノを辞めた分で週末投資家も可です。

僅か1000円でも毎日ですから消費(浪費)より投資した方が練習になるし何より増える可能性もあります。

私もそうして実践数を増やしました。

 

ソースなき名言

貯まったお金で、金持ちは本を買い時間を節約するが、貧乏人はテレビを買って時間を浪費する。

金持ちはお金があっても節約するが、貧乏人はお金がないのに金を使う。

 

楽しくなくては意味がないので娯楽や息抜きはとても大切だ思いますが、息抜きも大志を維持してこそ活きてくるのではないでしょうか。

自己投資は人生の時間価値を高めてくれます。

 

リスクリワードの概念を日常的に意識する事で、有益な時間を増やせると共にトレード脳も養えます。

 

毎日ひとつポジティブな決断・行動を取る

下からは曇りに見えても毎日太陽は昇っている

どれほど頑張っていても全てが上手く行き続ける事は普通ありませんよね。

これから一年365日の間には辛い日が続く期間もある筈です。

そんな時でも、・今日は○○を我慢する ・明日の計画を立てる ・コンビニで募金する ・早起きする など、

 

毎日必ずひとつポジティブ(または建設的)な行動を行う事で、(不安な時でも)進んでいる事を確認できると思います。

私も今年はこれをキモに命じて行きたいと思います。

 

一年後、今年毎日ポジティブだった、と言えるように。

 

では今年もよろしくお願いします。

Mt.more




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。