「負け」は呼吸の呼?

 

トレードは全勝できないので、グロスで勝つしかありません。

トータルで勝つという意識を、骨身に染みて理解している必要があります。

 

例:1

仮に、現在20枚のポジションを保有しているとします。
(推奨しません。あくまで例です)

投資資金は100万円で、20枚合計の損益は資金の20%、つまり、含み益20万円です。

 

この時、ポジション全てを決済して20万を利確するのに、苦痛はあまり感じない筈です。

 

しかし、この内15枚のポジションがマイナスだとしたらどうでしょうか。

利益が出ているのは5枚だけで、この5枚がその他のマイナスを相殺した上に勝ち越しています。

 

含み益20万円の内訳が、例えば次の様な感じですね。

ポジション1:+20万

ポジション2:+2万

ポジション3:+10万

ポジション4:+5万

ポジション5:+15万

ポジション6:-3万

ポジション7:-2万

ポジション8:-2万

ポジション9:-3万

ポジション10:-3万

ポジション11:-11万

ポジション12:-0.1万

ポジション13:-13万

ポジション14:-3万

ポジション15:-2万

ポジション16:-0.1万

ポジション17:-3万

ポジション18:-3万

ポジション19:-1万

ポジション20:-2.8万

計:+20万

 

恐らくそれでも普通に決済できると思います。

20%は立派な成績です。

 

例:2

しかしこれが単発ポジションの連続だった場合はどうでしょうか。

直列的なトレードで、次のような感じです。

例1と順序を変えただけです。

1回目:-3万

2回目:-2万

3回目:-3万

4回目:-0.1万

5回目:-2万

6回目:+2万

7回目-3万

8回目:-2.8万

9回目:-13万

10回目:+5万

11回目:-3万

12回目-1万

13回目:+10万

14回目:-11万

15回目:-3万

16回目:-0.1万

17回目:-2万

18回目:+15万

19回目:-3万

20回目:+20万

計:+20万

 

ちょっと伝わり辛いかもしれませんが、

 

ここでは、最大ドローダウンを考慮した資金管理の重要性を説いているのではなく、

勝敗の分布(順序)による、メンタルの変化、それによるトレードへの影響の懸念の説明をしているつもりです。

 

捨て駒は、計略の途中だろ?

7割5分負けている状況だとさすがに12~3戦目で手法を疑い始めたりして、

「このままじゃ損切り貧乏だ」と考え、それ以降の敗戦を恐れてルールを曲げて一貫性を失ったりします。

 

将棋で、駒を一枚も取られずに勝つのはプロでもほぼ不可能な様に、トレードも負けを込みで考えなければいけません。

むしろ進んで駒を差し出してこそ勝利に近づきます。

 

そして、(手法にもよりますが)トータル損益の大部分を、僅かなトレードの損益が締めている事は、往々にしてあります。
(売買履歴を確認するとよく解ります)

※上の例では一つのポジション(+20万)が、全体の利益と同等です。

 

何が言いたいかと言うと、積極的に負けを獲りにいけ、という事です。

 

 

オマエはまだ、死んでいない。

ただし負けるといっても大負けはダメです。

 

急ごしらえのスペシャル楽観理論で当初の損切りラインを後退させるなどもってのほかです。

SLラインに達したトレードはそこで終わっていますから、潔く相場に参加料として差し出しましょう。

「そのポジションはもう死んでいる。」です。

 

上の例だと10万を超える負けが2回ありますが、これらをその他同様に-3万以内に抑えたり、他のトレードでブレイクイーブン抜け(建値撤退)を増やせば、勝率を変えずに利益を倍増させる事ができます。

(あるいいは微益(+0.1等)を増やせば見かけの勝率の方を増やせます)

 

例1のポジションの内、マイナスポジション(例えば-13万の玉)を選び、そのひとつだけ決済せずにホールドしたりはしませんよね。

仮にひとつだけ残すなら、プラスで利確保した上で、フェイバーのポジションを残すべきなのです。

(例えば”ポジション3”ひとつだけ残して全決済すれば、10万利確して10万含み益が残るので最悪の事態でも負けは無く、しかし追加利益の可能性は残る)

(どちらでも同じに思うかもしれませんが、基本的には(不良債権的な)不利な建玉から切り捨てるのがセオリーです)

 

 

無理な延命は傷口を広げるだけでなく、トレーダー人生さえ狂わす致死性脅威があります。

「オマエのトレーダー人生の方こそ、死にそうだよ。」です。

 

捨て駒は何枚取らせても良いので、落ち着きましょう。

最後に、トータルで、勝ちましょう。

 

負けも計略の

表面的な負けがどんなに続いても、資金管理が正しければ想定外に死ぬ事はありません。

計略下の負けは勝利への布石、オマエはまだ、死んでいない(なんかちょっとカッコ良くない?)

 

本日の業務予定

負けは、防ぐのでなく、当然の予定として淡々と遂行するものです。

もう、日常業務として負けろ、です(ちょっとカッコ悪い;)

 

上の例で言えば、20万のトレードだけをチョイスする事はできませんから、それまでの複数の負け勝利にとって必要だった訳です。

負けトレード無くして、勝ちトレード無し。

負けトレードが勝ちトレードを作っていると解ったら、負けトレードにも愛着が沸いてきませんか。(・・・、やっぱ沸かない。)

 

名付けるなら、トレード棒銀理論(なんじゃそら)(なんとくイメージで。。)

 

※棒銀[ぼうぎん]:将棋の戦法の一つ。「ー戦法」「原始ー」。

 

※トレード棒銀という投資用語はありません。ここだけの造語ですが将棋を知っている人はなんとなくイメージで解るかと。。。棒銀はある種地味な戦法ですがトレードも地味な行為なのです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村