ProEXの効果報告をいただきました。

成長は複数形

読者さんから頂いたお手紙を紹介いたします。

 

メルマガの内容に関わるのでメルマガ読者のみに紹介しようかとも思ったのですが、とても素晴らしい内容なのでブログ上で公開させていただきました。

たくさんの人の参考になる内容だと思います。

 

ProEXについてご感想を頂いていますが、ぜひ機能云々の話でなく、FXとご本人の体験談としてお読みいただきたいと思います。

 

私と良く似た境遇の方で、まるで自分のことのように感じながら読ませていただきました。

おそらくいつでも誰もが遭遇し得るシーンだと思うので、ぜひ参考になればと思います。経験も、成長も、成功も、共有していければと思います。

以下、メール内容本文です。

 

fxmt様

こんにちは、■■■■■■■■■です。いつもメルマガを楽しく読まさせていただいております。また、トレードの勉強にさせていただいており、大変ありがたく思っております。いままで、fxmt様からメルマガ内で感想を送るようメッセージがありましたが、なかなか書くことができず申し訳ありませんでした。

長文になりますのでここからは、気が向いたら読んでくれて構わないです。

 

私は■■■■才のおじさんです。仕事は会社員ですが今は、躁鬱病の治療のため半年前から休んでおります。また、約10年前にうつ病になり、やはり会社を1年ほど休みました。病気のきっかけは、管理職になったためです。

 

私の性格は部下に迷惑をかけさせたくない、また、上層部からの指示は絶対にやり遂げなければならないというおひとよしであった為です。今は、役職を降りましたが(おろされた?)一度患った精神病はなかなか治らず結局また休んでいる次第です。今までfxmt様へのメルマガの感想を書くことができなかったのは、この病気のせいでした。

 

では、なぜ、今頃書いているかといえば、書く気力が出てきたからです。fxmt様のEAのproEXを数カ月前に購入させていただき、デモトレードで使わせて頂いたところこれは本当に素晴らしいものだと思い始めてきたからです。

 

とにかく負けない、悪くてもイーブンプラスアルファ、トレードをやればやるだけ儲かるということが実感できたからです。

言うなれば、フジテレビの目覚ましテレビ内のジャンケンのようなもので勝てばもちろん負けてもポイントが付くということと同じであると言えるでしょう。

 

話を10年前に戻しますが、FXを始めたきっかけは、病気で会社を休んでいるときにこのままではお金で大変な思いをして生活をすることになると思い、本屋で株の本を観て多額の原資が必要であることが判りその横にあったFX本をたまたま観て、これなら少額の原資で始められ、割と簡単に儲かりそうだと思ったのがきっかけでした。

 

さて、では、始めたのは良いのですが、結果(当時から最近まで)はみなさんが辿ってきた道と同じでした。

そう、トレードをやっては資金を失い勉強をしなければ勝てないと思い、■■■■■■■■■(※某有名トレーダー)さん等のネットテキスト本を高額な金額で購入し、トレードに再挑戦しては失敗し、それでは自分の意志を入れないで完全自動で売買し、利益を出してくれるMT4のEAを10製品近く購入し、これで儲けようと思ったが、結局思うようにEAたちは稼いでくれず損失ばかりでした。

 

そんなふうに資金を失ってきたという道です。(決して■■■■■■■■■さんの本が悪いと言っているわけではありません、自分にその理解と実行力がついていけないのですし、他の方たちが苦労して作ったEAの出来が悪いとは思っていません。)

それで、現在は会社を休んでいるのでトレード資金などなくネットサーフィン(古い言葉ですね)をしていて、fxmt様のところにたどり着いた次第です。

 

そこでProEXを見つけfxmt様の動画説明を観て共感し、購入、デモにてトレードをしてみたらはじめの頃は使い方やパラメータの単語の意味がよくわからず、損失を出しておりましたが、直近2週間、一回も損失を出しておりません!(毎日ヒマですから一日に2、3回のトレードの頻度です)

 

これは、私のトレード歴のなかで奇跡としか言いようが無いことです!デモトレードとはいえ本当にびっくりなことなのです。fxmt様!!、『ProEXを売っていただきありがとうございました。』…と、言う報告をしたいと思いこれを書きました。また、メルマガを読んでいてfxmt様と私は仕事で役職で苦労し、うつ病になり、そしてFXをやっているということが共感出来たので、そこも報告したいと思い書きました。

 

以上、初めてのメールで長文失礼しました。これからもメルマガ楽しみにしています。また、当方MT4しか使い方を知らないので誠に勝手ながらMT4用の良いインジやEAをこれからも作り続けてください、こちらの方も楽しみに(そう簡単には作成することはできないかもしれませんが)しております。

 

当方、メールの書き方が不慣れなため改行が変になってしまい読みにくいかもしれませんがご了承ください。

■■■■■■■■日 ■■■■■■■■■■■■■

 

話は変わりますが、メルマガ読者限定のインジの自動高値安値を頂いてから水平線をどこに引けばよいかの目安が非常にわかりやすくなりました。

 

以前から、水平線の重要性はいろいろなところの情報で解ってはいたのでチャートにそれらしいところに引いてはみたものの水平線だらけになってしまい、肝心のチャートの動きがその線に隠れて訳がわからなくなり、結局、水平線での判断をしなくなってしまったのでした。

 

私のトレードスタイルは、主に1時間足のチャートを見ておこなっています。

よって、Mt.more様が何かで、前日の高値安値は重要なものです。とおっしゃていたのでそれを信じて、自動高安値が引いてくれるトレンドライン(前日の高安値の延長線)を参考にそこを目安にし、指値でポジションを持つようにしたところ今までと比べ格段に精度が上がり、また、チャートも見た目で非常にスッキリして見やすくなりました。(そこを超えたら上がり超えなければ下がるということがわかりやすくなりました)

 

こんなインジケーターを無料でいただけただけで私の心は感謝!感謝!でいっぱいです。ですので、これからも、メルマガの配信を楽しみにしております。あと、私はヨコシマなやつですので、メルマガを読んだことによるポイントを早くためて、決済専用EA(A)、決済専用EA(B)がどのようなものか使ってみたいと思っております(そうでなくともMt.more様のフンドシを借りて相撲を取っている自分ですが)。

 

また、そのときには、使用した報告もしたいと思っていますのでよろしくお願いします。(最初のメールにも書きましたが、病を患っているため調子が良いときになるのでいつになるかはわかりませんが・・・。)

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

■■■■■■■■日  ■■■■■■■■■■■■■

 

複数形の成長

以上。一部中間のやりとりの内容は省略させて頂いていますが、重要な部分はご共感にいただけたのではないか思います。

この内容をご紹介させて頂くにあたりご承諾をいただきましたが、

ブロガーでない読者さんが、不特定多数へ共有するのは、もしかすると大変、勇気がいる事だったかもしれません。

私個人にメールを出す事さえ、勇気のいることだったかもしれません。

 

ですが、とても、勇気が出て、この文章こそが、誰かに勇気を与えられる文章だと思ったので紹介させていただきました。

 

本文中で語られた”自分のトレード歴の中でありえない体験”は、私もあります。

私の場合は初期の自作アラートツールでした。(無料で配っているやつです)

またProEX開発の時は、偶然性もあるとは言え、開発歴の中で初めて「ランダムに動作テストしているだけなのに資金が減らない」という、不自然な程の経験もし「理論を遂行さえできれば有効」である事を、予期せぬ形で改めて実感する事ができました。

ひとそれぞれに、境遇や、成長の形があると思います。

ですが、同じものを目指す同士、FXや、同じツール、よく似た体験を通じれば、成長は一人でするのでなく、共有できることもあると思います。

成長や成功は、I(アイ)でなくWe(ウィ)で行う複数形なのかもしれませんね。

 

決して、私と同じやり方・同じツールを使えば、誰もが勝てるとは言えませんが少なくも自分のツールをコピーして配る事は可能ですから。

こうして、いろいろと、伝わって、繋がって、いけば、いいのかなと。

 

※当ブログ、ツールとも、作者・実践者と同等の効果・利益をお約束するものではありません。投資は高いリスクと自己責任を伴う厳しい世界です。
またProEXは個人の力量を色濃く反映します。本項のご感想は、実践者さまの、たゆまぬ努力、知識、経験、独自の手法の上での事例の一部である旨、充分にご理解願います。

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

FXmt Mt.more

 

ProEXまとめ記事

 

 

記事が良かった/役に立ったと思った時に
以下のクリックで応援して頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。





1 thought on “ProEXの効果報告をいただきました。


  1. 私も mt.more様の発信する情報とツールで救われている一人として、強く共感させていただきます。
    諦めるにはまだまだはやい。と、希望を持たせていただいている毎日です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。