トレードを○○しているか

スマッシュを打つ

 

 

今で言えば、松岡修造、

昔で言えば、森田健作風に、問う。

 

「トレードを、愛しているか」

 

 

もう一度、問う。

「愛しているか!!」

 

 

三度問う、「どうなんだ!」

「言ってみろ!えぇ!?コノヤロウ!ハッキリしやがれ!べらんめえぇチクショウ」

(お父さんそれ以上はやめてあげて!)

 

「金儲け」でFXでするなとは言いません。

ですが、FXに愛情がなければ、恐らく勝てません。

 

一時的には勝てますが、継続的には無理です。

当前、どれほど好きかはパラメーターがないので計れませんので、度合の違いはあります。

それでも、

 

漫画家は漫画を愛し、野球選手は野球を愛し、芸人はお笑いを愛し、音楽家は・・・

では、トレーダーは!?

 

 

お金が好き♡

 

じゃ、ダメなんです。

 

機械的、事務的にトレードで淡々と稼ごうと思っている人は、この先キツイと思います。

勿論、私もお金が欲しくてFXを始めましたし、むしろお金の大切さは以前より強く感じているくらいです。

 

しかしお金だけが欲しいなら、FXから身を引く方が儲かります。

つまり、夢が叶います。

 

なぜか?

 

続かないんです。やらされ感では。義務では。ルーチンでは。

もちろん、100%とは言えないんで、中には惰性で稼ぐ人もいるかもしれません。

 

でもやはり、マドギワ族のような感覚でFXで稼ぐ事は無理です。

『手軽に稼げる』系を囁く輩はいるでしょう。

 

しかし、

そんな楽じゃないし、簡単でもありません。

そんな奴を見た事もありません。

 

夢を潰すドリームキラーにはなりたくありませんが、楽して稼ぎたいというのは夢とは呼びません。

入口は「お金」で良いですが、相場やトレードに、敵対視、苦手意識、惰性、苦痛の感情があり、これをつなぎとめるのが夢としての「お金だけ」なら、長続きはしないでしょう。

 

スポーツ選手がスポーツを敵対視しないように、トレーダーもトレードに情熱を持つべきです。

 

テニス

 

最終的に行う動作は、クリックとテンキー入力くらいで身体能力は問いません。

算数ができれば大丈夫なので、学歴も問いません。

 

この事が、あたかもFXは楽勝であるかのように錯覚させますが、9割は勝てません。

 

なぜか!

 

鍛えるのが困難な、本能やメンタルの壁があるからです。

 

巣を張らない蜘蛛を育てられるか、

悲しみを感じない人間になれるか、

本能や反射反応を、否定しコントロールできるか、

 

答えは、 NOだ!

(ちょっとだけ yesだ!)

 

いいか、よく聞け、今日の俺はテンション上々、

場合によっちゃあ、 今から、 お前たちを、 殴る!!

 

FXは好きか!

愛してるか!

聞・こ・え・ねぇー!!

 

ニューヨークへ行きたいか!

どうなんだ!!あぁ~ん!?

 

・・・今日で大分、読者減らせたな・・

 

さて、

これくらい言わないと、諦めたり、理解したりして貰えないと思います。

FXは、宝くじではないし、堅実な内職でもありません。

 

ルーチンワークの側面はありますが、それ自体維持するのが難しいものです。

会社勤めなら、会社のルールに従えば良いので「強制的な規律」は学べても、想像力は抑えられます。

 

管理職かトップなら、ゼロから作る創造力が必要ですが、他人にルールを守らせる事は得意でも、本質的に世の中のルールに縛られない資質があります。

トレーダーはこの両方が必要で、自分で作って、自分で守る、自己規律が不可欠です。

 

自分で造り支配する、これだけでマスタークラスの実力が必要ですが

現実はさらに困難です。

 

プロスペクト理論・サンクコスト効果・闘争逃走反応・確証バイアス・ギャンブラーの誤謬・資金力・勉強時間・トレード時間・キャリアを積む練習期間・蔓延する虚偽情報・怠惰な性格・空回りのやる気・・・

上げればキリがありません。

 

しかし、

 

医者や弁護士でも勝てないマーケット。

知力・体力のハンデのない世界

誰もが勝てるとは言わないが、裏を返せば、チャンスがある。

 

大学教授に知識で勝てず、プロゴルファーにスコアで勝てずとも、

 

乳首相撲なら勝機がある!
(なんだそれ)

 

つまり、相場の世界では、同じ土俵。

裸の闘いです。

 

見せてやろうじゃありませんか、本当の実力を。

上に行こうじゃありませんか、弁護士の。

満たそうじゃありませんか、小さなの理想を。

 

どこまで努力できるかが、丸裸に晒される世界でもあるのです。

 

それには、金勘定でなく情熱が必要なのです。

(トレード中は特に、金勘定は感情を揺らす大敵です)

 

才能があっても情熱がなければ成就し得ないのだから、情熱もなくFXをすれば勝てないのは道理です。

言い換えれば、何がなくとも「情熱が」ある事が大切だと思うのです。

 

ニューヨークへ、行きたいか。(解る方だけ)

あれぐらいの情熱があれば、行けないまでも、行ける確率は上がります。

あそこまではやりたくない、と思うなら、やはり”そういう結果”になるでしょう。

 

「もっと本気だせよ! 本気になれば自分が変わる! 本気になれば全てが変わる!」(by松岡修造)

今年は猛暑らしいですね(汗

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

FXmt Mt.more

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村