受動的か能動的か

 

トレード中は受け身の感覚、受動的である方が良いと思います。

 

学習や検証作業は、能動的・積極的に継続する必要がありますが、

トレード中は「トレードしよう」という積極性はになります。

 

もちろん「ノーリスク・ノーリターン」というように、何もしなければ何も生まれないのですが、

トレードチャンスは、自分から取りに行けるようなものではなく、相場がその表情を見せるのを待つ作業です。

 

 

狩りに出かけるというより、罠を見張る感じです。

自分からどんどん前に出ていかない方が良いです。

 

 

ジャンプスケートボード 

サーファーが波を待つ感じとも言えます。

事前に波が来そうな時はあっても、基本的に自然任せで待つしかありません。

 

いざ波が来ても大き過ぎて危険かもしれません。

自分には合わない波かもしれません。

 

どれだけ良い波を見分けられるか

どれだけ良い波が来るまで待てるか

 

が勝負の分かれ目だと思います。

 

大抵は、大したポイントでもないのに、積極果敢に攻めて負けます。

相場にチャンスはそんなに多くありません。

 

チャンスに見えても、

ほとんどはフェイクだと思って、本物を見定める目を養いましょう。

 

一日中見てたら、全部フェイクだったって事もザラですよね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村