インターバンク市場【いんたーばんくしじょう】

 

銀行間市場の事で、普通銀行間市場と言えば外国為替市場の事を指す。

つまり銀行間外国為替市場の事。

銀行間っていうくらいだから、パンピー向けでない取引を行っている。

桁はずれの通貨を銀行間で融通し合っている。

「いま1億ドルあるけど、100億円で買わない?」

「10億ドル単位じゃないと嫌」

てな感じ。

 

逆に、顧客相手に行う取引は対顧客市場という。

因みに、銀行の営業時間外にATMで金おろすと手数料を取られるが、

1万円下ろして手数料216円取られると、1万円に対して2.16%な訳だが・・・

同じ額を消費者金融から借りた場合、年利15%で計算すると一日当たり4.2円以下になり、

50日後に利息を付けて返済しても銀行より安い。

借りた金なのに、自分の金を使うより得。

自分の金を自分の口座から、自分の足でコンビニまで来て自分で操作して引き出して、消費者金融以上の手数料まで取られるとはどういう事か。

金貸しの方がよっぽど良心的だと思う今日この頃。

かつて消費者金融の金利グレーゾーンで規制がかかったが、銀行の手数料の方が遥かにえげつない。

 

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング