トレンドラインというツール

トレンドライン振幅 売買ゾーン 反発反転トレンドラインの性質メジャートレンドライン audusd15  eurusd1h3GBPUSDブレイクアウト 

 

 

 

 

 

何もない草原でお宝を探す時(どんな時?)

 

そこに立派な棒を一本渡されると、なんだか棒が主役になります。

この棒を使ってお宝を探そうと考える訳です。

 

毎日トレンドラインを引いているとライン優先でモノを考えがちになるので注意が必要です。

棒はあくまで目的達成の為の道具(ツール)です。

 

棒に振り回されないように注意しましょう。

 

 

草原の絵

著作者:TungPB TM

棒は工夫次第で武器にも防具にもなります。

 

要は棒でなく、棒を扱う人次第という事です。

前回は基本的なトレンドライの引き方について説明しました。

 

トレンドの把握エントリータイミングはどちらが重要でしょうか。

 

トレンドが『線』ならタイミングは『点』です。

実際には『波系』になります。

 

麻雀と同じで、波にさえ乗っていれば少々のミスは波が吸収してくれます。

波さえ把握できれば、浮かべるだけでも進みます。

 

もしトレンドが解れば、これほど勝ち易い事はありません。

トレンドさえ解れば、圧倒的に勝ち易くなります。

 

トレンドラインは過去チャートを見れば誰でも大体引けます。

つまり、過去においては誰でもトレンドの把握が可能です。

 

トレンドラインを理解する

急上昇

 

トレンドラインはこのトレンドを把握し、利用する為に使います。

 

トレンドを把握する事は、

裏を返せばトレンドレス(レンジ)を把握する事です。

 

ラインを使うと途端にエントリーポイントを探しがちですが、

エントリーしないポイントをあぶりだすだという考えも必要です。

 

バットを持ったら、何か打ちたくなる、ではいけません。

選球眼を身につける事です。

 

トレンドを把握する別の方法としては、
MA、BB、GMMA、平均足、ダウ理論など挙げればキリがありませんが、

トレンドラインもその内の一つにすぎません。
併用する場合は、自分なりのトレンド判断のルールを決めておく必要があります。

 

恐らくトレンドラインは最も簡単にトレンドを把握し、

最も簡単に売買タイミングに利用できる道具のひとつです。

 

「今さら?」と思われるかもしれませんが、

・先行指標・遅行指標としての役割
・環境認識方法
・セットアップ認識方法
・トレンドラインが機能する理由
・ラインで判断する群集心理
・水平線との違い
・ライン別信頼性の測り方
・タイミングとしての活用法
・トレンドの強さの違い

 

など、深く理解しないまま使えてしまうのもトレンドラインです。

 

チャートに表示しているのは、線にすぎませんが、

読み取る内容には差が出ている筈です。

 

チャート分析とは何か?

 

回を追ってトレンドラインについて解説します。

まずはトレンドラインを理解します。

 

トレンドラインの引き方は把握しておいて下さい。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

次回:トレンドラインの性質




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村