FX歴  2006年株取引を勉強、半年で損益-3000円程。 2007年FXに転向、リアル運用スタート後、3カ月連続30%以上ののリターンを得る(単利) 2007年7月、サブプライム問題、全て失う 同年8月、倍の資金を投入し、全て失う 同年同月、借金して投資し、全て失う 2008年、仕事に精を出す。 資金難と気力の低下から本業メインで生活、借金を返す事に集中する。 2011年、借金返済 2011~2012年、年間取引約±0pipsで終え、手法に手応えを感じ資金を投入。 2013年、アベノミクスで爆益潤うがその後すぐ、資金管理に失敗し全て失う。 同年、待てば勝てるというメンタル要素、その後資金を守るメンタル要素、結局メンタルで全て決まると悟る。 2014年、初月から勝ち始める。いくつかの教材を購入、手法でなくメンタルが勝ち要素との考えを裏付ける。ブログを始める。
大衆心理を感じ取るコツ

大衆心理を感じ取るコツ

On

飲食店など接客業で働かれた事のある人は解るかもしれませんが、店が繁盛して多くのお客さんを待たせてしまっているとします。すると「そろそろクレームを言ってくるお客さんが出るな」「待つのが嫌で帰る人もいるだろうな」と想像できます。この想像こそが、

FXで勝つ戦略思考

FXで勝つ戦略思考

On

例え間違っていても、戦略を持つべきと言えます。しかし、いざ実戦になるといきなり戦法レベルにまで身を落としてしまいます。これは個人投資家が、武将も軍師も足軽も全てやらなければいけない事が原因です。 正しい戦略があって初めて戦術、戦法の効果が上がります。

戦略・戦術・戦法の違い

戦略・戦術・戦法の違い

On

戦略・戦術を磨かないまま手法(戦法)を実践しても、いずれ負ける事は明らかです。一つの戦略下で、戦術・戦法はいくら変更して良いが、戦法の局面がいくら不利でも、戦術やまして戦略に逆らう事をしてはいけないし、戦法の都合に合わせて戦術・戦略を変更してはいけない。

努力せずに勝ちたい人へ

努力せずに勝ちたい人へ

On

最大限の時間を確保したら、その時間内にどれだけ密度の濃い勉強が出来るかを常に考えて実行しました。いわゆる勉強のレバレッジのようなものです。優先順位を付けて学習する事で効率は学習スピードは全然違うと思います。トレーダーには「メンタル」「資金管理」

相場環境の読み取り方のコツ

相場環境の読み取り方のコツ

On

相場巧者は、他の参加プレイヤーの状態を知り、大衆に先んじて行動しています。来た!噂の激アツパターンだ!エントリー!!と思って見ても、それまでの流れが読めていなければ、似て非なるもの場合が多いものです。相場環境・環境認識は、点と線で見るのがコツの一つかと思います。

マリオとトレーダーのLUIGI性

マリオとトレーダーのLUIGI性

On

ゲームの世界に入り込んだなら、初見でクリボーのイカつさに心折れるでしょう。(あんなバケもん踏むのも嫌 です。1upだと知ってはいても、あの模様のキノコを口に入れるには抵抗があります。せめて焼いてから食べたくないですか。デモとリアルでは同じ判断が出来なくなるという事です