海外FX業者のハイレバレッジ

ドル

 

私がトレードしているブローカーは危険なハイレバレッジです。

にも拘わらず未だ安全です。

 

アタリマエ体操します。
(頭の)

 

問1)どちらの方が重いでしょうか?

【あ】鉄:100トン

【い】綿:100トン

 

問2)どちらのリスクが高いでしょうか。

【あ】レバ25:損切り1万円

【い】レバ888:損切り1万円

 

問3)どちらが多く稼げるでしょうか?

【あ】1lot:100pips抜き

【い】10lot:10pips抜き

 

答え)

全て同じ

 

です。

 

問3)について別の質問をします。

どちらの方が勝ち易いでしょうか?

 

説明するまでもありませんが、リスクは同じ勝率が高いなら、それを選択しない理由がありません。

 

世の中、ハイレバが危険かのような風潮がありますが、

『ハイレバ』でなく『規律』の問題であり、規律はメンタル要素です。

 

ハイレバどうこうでなく規律がない人は何倍のレバであろうと無茶して負けるだけです。

 

危険性を算出する

 

レバレッジ2

 

単純に考えて下さい。

 

レバ:25倍

資金:10万円

1トレードのリスク:1万円

 

で全敗すると、6トレードで退場です。

(証拠金不足になる為*ドル円=120円の場合)

 

 

レバ:250倍

資金:10万円

1トレードのリスク:1万円

 

で全敗した場合、9トレードできます。

なお且つ9連敗後も、残った1万円で、1トレード当りのリスクを減らして更に数回のトレードが可能です。

 

無論負けの回数分負け額は増えますが、
同じ額のリスクを負ったトレードの回数が増えただけに過ぎません。
10連敗する間には数回の勝ちもあるでしょう。

 

同じ手持ち資金でより多くのチャンスがある事は、
単に機会ロスを減らすだけでなく、

「次に負けたらトレードできなくなる」という精神的重圧から開放される為、
むしろ精神的に良い影響があります。

 

上記は全敗した場合ですが、当然勝つ時もあるでしょう。

相場に恵まれず、連敗から入る場合も、精神状態がまるで違います。

 

あと1回しかトレード出来ない状況と4回できる状況を比べると解りやすでしょうか。

メンタルがどれほどトレードに影響するかはキャリアの長い人ほど理解できます。

 

危険なプレーヤー

危険なのはプレーヤーです。

250倍あるからといって、フルレバ250倍のポジションをとるのはギャンブルでしかありません。

 

ギャンブルというよりただの破滅型ドMヤローです。

素人F1のアクセルをベタ踏みしてるようなものです。

 

チンパンジーに核爆弾のスイッチを拭き掃除させているようなもので、ヒヤヒヤします。

加減くらいは知ってやりましょうと言う事です。

 

相場の制限速度

考えあるトレーダーは安全運転をします。

といっても、いつもと同じロットでトレードするだけです。

 

日頃は制限速度を守り、自分が安全だと思うリスクのみ(スピード)を上げて勝負します。

時々ハイウェイに乗る時にアクセルを踏みこみ、終わるとまたリスクを落とします。

 

この、

チャンスの時に思い切ってアクセルを踏める自由は、むしろ安全に寄与します(ハイレバの場合)

千載一遇のチャンスに、徐行しかできない車はちょっとしんどいです(ローレバの場合)

 

原付バイクの制限速度は30キロですが、メーターは60キロまであります。

物理的にも精神的にもその方が安全面で優れています。

 

FXのレバレッジにも同じ事が言えます。

いつも全力の状態だと、危険を回避する余裕は生まれません。

 

余談:なぜ日本はレバ規制があるのか?

 

レバレッジ

 

日本では25倍規制のあるレバレッジですが、海外ブローカーでは100倍~500倍が当たり前の世界です。

日本もかつては無制限で、200~400倍の業者も数多く存在しました。

 

先進国でこれほど厳しい規制があるのは日本だけです。

 

日本でレバレッジが25倍に制限されている理由は、投資家の保護です。

放っておいたらいくらでも使ってしまうでしょうから、国で規制して守ってあげましょうと言う事。

 

日本人トレーダーが、海外ブローカーを使う事はあっても、

外国人トレーダーが、安全だから日本のブローカーを使おう、という話は聞いた事がありません。

外国人投機家が、日本のブローカーでトレードするメリットはないからです。

 

韓国では2006年パチンコが全廃されましたが、これはギャンブルに歯止めが効かず破産する人が後を絶たなかった為、当局が世論を得て実行したらしいです。
老若男女問わず借金や暴力事件などに発展し治安の乱れが深刻だったといいます。

日本人に26倍以上のレバレッジが危険かどうかは解りませんが、無茶してしまう輩がいるのは事実でしょう。
何も考えずに突っ走るタイプですw

しかし、トレーダー全般にその節度がないと思われている事が情けないです。
国で規制されなけば猿のよう浪費してしまうと思われていると言っても言い過ぎにはならないでしょう。

 

レバレッジが危険でない理由

前述のように、危険なのはプレーヤーであってレバレッジそのものではありません。

しかし世の中には、200倍のレバレッジで運用すると200倍負ける、と思っている人もいるくらいです。
レバレッジを悪徳金融のように考えている節さえあります。

1万円投資して、マイナス200万円の借金を抱える可能性があると思っている人がいるのには驚きますが・・・。

 

前者も後者も無知以外の何者でもありません。

FXは、信用や借金で取引している訳ではないので
基本的に自分が決めた金額以上に損失を被る事はありません。

レバレッジが何倍でもそれは変わりません。

 

もちろん、あなたがサラ金から金を借り、その金でトレードして負ければ借金が残ります。

しかしこれもレバレッジは関係ありません。サラ金とあなたの問題です。

 

結論

FXは、レバレッジが大きいから危険、という事は無い

トレーダーとして、有利な売買環境を選択すべき。

 

ということです。

 

安全で、勝ちやすい環境を考えた時、どの選択肢が一番良いでしょうか

トレードの優位性は、どの段階から考えていますか。

 

明らかなエッジ(優位性)があるなら、それを利用するのがトレーダーです。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

FXmt Mt.more

 

私がこのブローカーを選ぶ理由

その他の海外FX業者




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング