前回からの続きです。

「やっぱ来てる」と言ったものの、今はまだエントリー出来ません。
状態が良いというだけで、これからシグナル待ちです。

ロックオンしている状態でしょうか。

 

今、私の心の中は、

 

━━━この後、もみ合いながら上昇し、MAで反発する━━━

 

と睨んでいます。

と言うか、私都合のこのパターンになるまで耐えます。
(相場都合に合わせなくて良いのか!と思うかもしれませんがまたどこかで説明します)

 

GBPUSD1h3 

このチャートがなぜ「来てる」と言えるのか、私の考えを説明しておきます。

自分の相場判断と比べながら参考にして下さい。

 

まず、下の説明用のチャートをご覧ください。

GBPUSD1h4

①価格が長期・短期MAに挟まれている
この状態は上下に抵抗帯がある為レンジになりやすい

② ①のMAの乖離が狭まっている(MAのスクイーズ)
つまり①のレンジも狭まっている状態であり、価格がどちらかに抜けざるを得ない状況が、時間と共に迫られている。

③1時間足の直近の動きは上昇トレンドが崩された状態(ダウ理論によるトレンドの終焉)

④1時間足で直前にWトップを形成した後(上値は試され、否定された)(前回参照)

 

1時間足で上昇圧力が残る中、日足による強風の影響と1時間足のトレンド終了の影響が重っている為、この後は、未練たらしく(力弱く)上昇した後、主流となる予定のショート方向へ価格が動くと予想。

 

その転換点はどこか?いつか?

 

一時的に上昇した場合、始めに訪れる抵抗要素MA、次が前回高値である。

つまり、最も始めに訪れる最も強い抵抗帯は価格上側に位置する短期MAである。

なので、そこで反発しやすい。

 

と言う事です。

 

解りますでしょうか?
今回、1つずつあまり丁寧に説明しません。
解らないと言う方は何度か読んでみて下さい。

 

続けます。

ここまでなら良くある状態でそこまでオイシクありません。

 

MAでの反発を身構えつつ、それが仮に実現した場合の事を考えます。

  • 【あ】もし前述のMAで反発したなら、
    A.強い抵抗帯での反発
    B.日足の強いシグナルと同方向
    C.1時間足のトレンド転換の→裏付け・継続

 

となるので、比較的強い順行(ベア)が予測されます。

 

  • 【い】順行したからといって、どこまで伸びるかは不明
    どこまで伸びる可能性があるかを考えます。
    通常、下側にも抵抗帯(支持帯)があります。
    直近の支持帯は、抵抗帯同様、直近安値か長期MAですが、どちらも同じ付近に存在します。
    通常であれば、この二重の支持帯が価格を強く支える為、抜く事が出来ません(だから上昇トレンドが続くのですが)
    しかしにより強い反発が見込め、更ににより価格が抜けやすい状態になっている。
    更に更に言うと、2つの支持帯がほぼ同じ価格帯にある為、一度のアクションでブレイクアウトする事が可能!

 

つまり、

短期MAで反発する公算大

反発したら大きく動く可能性大

大きく動いたら、強い支持帯を抜られる

抜けたらそれより下の支持帯が少ない

これらを一言で表現すると!

 

めちゃいいじゃん

になります。

 

ディテールの説明はかなりハショってます。

まずは大きな感覚を掴んで貰えればと思います。

ここまでがシナリオです。

 

省略して書いていますが、文章にすると長くなります。

実際に「めちゃいいじゃん」と感じるのは、初回の環境認識からこの1時間足チャートを開いて1~3秒後です。

慣れれば誰でも可能です。

 

さて、ここから本気でいきましょう

疲れた方は、一度お茶でもして下さいね。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]